AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
ふらっと裏クラクフ的な

あっという間に夏が来た?という日々が続くブダペスト、日差しが暑いです(汗)

今年の春は雨があまり降らなかった気がします。

 

ブログ更新がんばるそ〜!と思っているうちに、なんだか季節が変わっちゃいました。。。

ここで終わるもの中途半端なので、春の初めのポーランド旅物語、最終回です。

 

 

クラクフ旧市街の真ん中にある中央市場広場、馬車が似合う広場ですよねぇ、本当におとぎの国。

広場の中央に立つのはスキエニツェ(織物会館)、中に入るとおみやげ屋さんが並んでいます。

 

 

ポーランドは琥珀の産地なのでジュエリーを売る店も多いです。

 

 

世界各国からの観光客でにぎわう中央市場広場も素敵なのですが、

旧市街中心からから少しだけ離れて、ローカルが集まるちょっと気になるスポットへ。

 

 

旧東欧諸国ならどこにでもありそうなインダストリアルな廃屋、

もともとはタバコ工場だったという打ち捨てられたかのような古い建物を利用して

レストランやカフェ、ショップがオープンしているのです。廃墟好きにはたまらない!

(美大時代、最初の写真の課題で撮影したのが友人と潜り込んだ立川の米軍基地跡でした、なつかしい・・・)

 

 

奥にある建物の2階に展開しているのはFORUM Designu

手前の部屋はポーランドのデザイナーによるファッションとアクセサリー、

奥の大きな部屋では家具とインテリア雑貨が展示販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

別の棟にはカフェやレストランが入っています。

去年の夏にも来たのですが、その時より店の数が増えている気がしました。

 

 

 

 

居心地の良いカフェがここそこにあるクラクフの街、

1日ではまわりきれるはずがなく、時間が足りなくて本当に困ります。。。

テラス席も気持ちいいけど、店内のインテリアも凝ってるし、どこに座ればいいの!って感じ(笑)

 

 

タバコ工場を後にして行き慣れたユダヤ人街カジミエシュ地区へ。

中心にあるノヴィ広場(Plac Nowy)の市場を眺めつつ、

 

 

 

定番のバーだのピロウギの店だのに立ち寄って、

 

 

 

川向こうに見えるもう一軒の廃墟を訪ねました。

 

 

左に見える建物、たしかもともとはホテルで、もうずいぶん長いこと営業はしていないはず。

その一階にカフェがオープンしていました。しかも人が多くてちょっとびっくり。

 

 

この建物で見つけたのがこのミューラル(壁画)一目見て、あ!これはEtam Cruかも、ってドキドキ。

世界で活躍するポーランド出身のストリートアーティストのデュオで、

ネットで知って以来ファンだったのですが、実物は見たことがなかったのです。ここで出会えるとは!

 

 

帰ってきてから調べたら、これはEtam CruのSainerの2015年に描いたミューラルでした。

タイトルは「No Sleep Till Kraków」、色合いとか構図とか表情とか、すべてが好き・・・

雨宿りしながらひとしきり眺めていました。

| ポーランド | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
そしてクラクフへ

ちょっと時間があいてしまいましたがポーランドの旅の続きです。

 

ポズナンからは列車に乗ってクラクフに移動しました。

鉄道のチケットは事前にオンラインで購入、いい時代ですねぇ〜!

初めてでしたが英語のページがあり、特に迷うこともなく手配完了、

すぐにチケットの添付されたメールが届きました。ちなみにこんな感じ。

 

 

実は事前にプリントアウトしたものをうっかり家に置いてきてしまって・・・

検札の際ちょっと心配だったのですが、iPadに保存しておいたPDFを見せると

車掌さんは肩からかけた検札用の機械でQRコードを読みとってくれて

紙のチケットを持っていなくてもまったく問題なし、

ますます便利になっているんだなぁ、と感じた瞬間でした。

 

クラクフに来るのは去年の夏の初め、うちの連れが参加していた

ジューイッシュ・カルチャー・フェスティヴァル(Festiwal Kultury Żydowskiej)以来、

(この時のこともブログに書こうと思っていたのに、書けていない・・)

列車の到着が遅れ、宿に荷物を置いて街に出る頃には日が暮れていました。

 

 

旧市街の中心にある中央市場広場、客待ちをする馬車の並ぶ風景がモダンで幻想的!

昔はこんなライトありませんでした。ここ数年、流行ってますよね〜、車や船にこのライト(笑)

 

 

仕事でもプライベートでもなにかと縁があり、何度も訪れているクラクフの街、

とりあえずお気に入りのカフェに立ち寄ってビールを一杯(あ、またしてもあまりかわいくない・笑)

 

 

そう、この街にもまったりとした時間の流れる素敵なカフェやバーがたくさん!

観光客が多くにぎやかな旧市街でも、居心地の良い場所やしっとりとした小道が隠れていて、

何度来ていても毎回うれしい発見がある、わたしの大好きな街なのです。

 

 

| ポーランド | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楽しい雨宿りの時間

ポズナンでの週末の続きです。

 

 

曇り時々雨と晴れ・・・気まぐれな空のリズムに合わせて雨宿り、

たびたび通りがかりのカフェに立ち寄っていました。

 

 

旧市街にはインテリアやメニューにこだわりのあるカフェやビストロが点在していて、

下調べをあまりしていなかったのですが、今回偶然入った店には

どこもとっても居心地のいい時間が流れていました。

 

 

 

ポーランドらしいなぁ、とわたしが感じるのは

カフェがアルコールも置いていて夜中まで営業していること。

 

 

こんなかわいらしいカフェが夜中の2時まで営業していました。

わたしはさすがにビール飲んでいたんですが(か、かわいくない・・・笑)

店員さんに夜中でもホットチョコレートが頼めるの?って聞いたら「もちろん!」って。

 

学生の街でもあるポズナン、飲み屋も数多くありました。

これはビール専門店、クラフトビールがずらりと揃っていて、樽を使ったライトがかっこいい。

 

 

ちなみに、わたしが子どもの頃から食べるのも作るのも熱い情熱を注いできたチーズケーキ、

なんとポーランドはチーズケーキ天国なんです、あとぽってりクリーム系のケーキも。

他にもジャム入りドーナツだのアップルパイだの、ご当地スイーツはポーランドに行く楽しみのひとつ。

 

(ベリー系にカラメルやチョコ味が揃うチーズケーキの宝石箱)

 

そうそう、もうひとつポーランドらしいのかも、と思ったこと、

それはケーキを頼むとフォークが刺さってくるんです。

他の国でも見たことがあるけど、ハンガリーではあまりないかな。

 

(これはオーソドックスな横さし)

 

おしゃれなカフェでマンゴームースのチーズケーキ、ぷすっとタテにささるフォーク、

日本人にとってはありえないけど、なんでだろう。。ポーランドっぽくて、なんかいい感じなのです。

 

 

| ポーランド | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おとぎの国の広場

今回の旅に出た週は4月も下旬に差しかかるというのに、

ブダペストでもストーブに再び火を入れてしまうほどの寒気が舞い戻っていて、

さらに北にあるベルリン、そしてポズナンは昼間も冬のコートが必要なほどの肌寒さ、

天候も不安定で1日の間に晴れと雨を繰り返し、結構な大きさの雹(ひょう)が降ったりしていました。

 

 

古い町並みがしっとりと美しいポズナンの旧市街、天気が悪くても絵になる風景がここそこに!

 

 

旧市街の中心、色とりどりの館が立ち並ぶなんとも可愛いらしい旧市街広場。

 

 

広場の真ん中、ひときわ大きな建物は旧市庁舎(現在はポズナン歴史博物館)

時計の上の小窓から毎日正午に2匹のヤギが出てくる仕掛けがあります。

カフェでまったりしすぎて見逃しちゃたけど。。。(笑)

 

 

中世の趣を今に伝える旧市街広場、実は第二次世界大戦で大きな被害を受けていて

(広場で焼け残った建物は3軒だけだったのだそう・・・)

戦後、それぞれの建物を復元し見事に再建された広場なのです。

 

 

旧市街広場から一本入った道の先には聖スタニスラウス(スタニスワフ)教会や、

 

 

(旧)王宮があったりと散歩が楽しい街です。

 

 

もうちょっと時間があったら旧市街以外の地区も散策してみたかったな、湖にも行ってみたかったし。

急げばもっといろいろ見て回れたのだろうけど、なんせ居心地の良いカフェが多くてついつい長居していました。

その話題は次回に!

 

 

| ポーランド | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ポズナンの週末

日本はゴールデンウィークですね!

こちらも4月中旬にイースターの休暇があり、

今年は5月1日のメーデー(祝日)が月曜日で連休になったりと、

週末になるとなんだかワクワクした空気が漂っています。

 

わたしも先々週、ちょっと早足でしたがベルリン、

そしてポーランドのポズナンとクラクフに出かけていました。

 

 

ベルリンとクラクフはもう数え切れないほど訪れている街なのですが、ポズナンは初めて!

 

以前から気になっていたワルシャワ発の雑誌「USTA」(ポーランド語なので読めないのですが・・・)が、

幸運なことに、たまたま到着する日にポズナンで「OKO na Poznań」というイベントを企画していたので

宿に荷物を置いて早速会場へと出かけました。

 

 

会場となるホテルの入り口、花と植物のディスプレイが素晴らしくすでに胸キュン(笑)

 

 

ここ、ポズナンで活躍するアーティストやデザイナー、ショップや食文化を紹介するイベントです。

 

 

ドーナツ片手に笑顔のデザイナーさん、彼女の作る服はすでに日本でも販売されているそうです。

 

 

どうやら、ポーランドではおにぎり屋さんも人気らしい!

ベルリンでもすでにおにぎりの認知度が高まっていたので、

これはブダペストにもいつか来るかなぁ〜。

 

 

入り口を飾っていた花のプレゼンテーションはフローリスト「Kwiaty&Miut」によるもの、

ポーランド語で「花と蜂蜜」という意味だそうです。あぁ、甘い・・もうクラクラきちゃいます。

鮮やかさとトーンを一段抑えた感じの色合いが、もう美しすぎる。。。

 

 

ハーブの薬局屋さんでは、ギリシャ産の「マウンテン・ティー」を試飲しました。

ギリシャやマケドニア、ブルガリアなどで飲まれているハーブティーだそうです。

 

 

他にもデトックスやビタミン補給などのブレンドハーブティーを試供品としていただきました。

時間があればお店にも立ち寄りたかったな、次回に期待。

 

 

そうこうしているうちに、入り口横の小部屋ではコーヒーのカッピング(テイスティング)が始まりました。

 

 

サードウェーブコーヒーの波は中東欧各国にも確実に来ています。

 

 

ご当地クラフトビールの試飲も!

 

 

これらのビールの名前はポーランド人でも知らない人が多いポズナン方言で命名されているのだとか。

例えば、猫、犬、てんとう虫、ほら吹き(これはポズナン方言からさらにわたしの勝手な意訳・笑)

 

 

陶芸を学ぶ生徒さんの作品、シンプルで素敵な展示です。

 

 

雨が降ったり止んだりとあいにくの天候でしたが人出も多く、

来たばっかりのポズナンの旬なところを発見できる楽しい午後でした。う〜ん、ポズナンいいところかも!

 

 

| ポーランド | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初夏のような春の午後

春をぴゅんと通り過ぎて、もう夏はすぐそこ!という陽気のブダペスト、

今日の気温は25度を超えるほどで、日差しもかなりの強さでした。

 

 

3月末の週末に時計の針が1時間進み夏時間に。

6時に日が暮れていたのが7時になり、さらに日に日に日没時間が遅くなるので、

夏時間になったとたんに日照時間が伸びたような錯覚をしてしまいます。

長年住んでいるのに、いまだに慣れないんですよねぇ〜。

 

 

これはうちの窓から西の空に見えた新月翌日(3月29日)の二日月。

三日月よりさらに薄く、あっという間に沈んでしまう儚く美しい月、

時間はたぶん8時くらいだったかな、まだ空にほんのり青さが残っていました、これが夏時間。

 

 

そしてブダペストにも本格的な花の季節の到来です。

 

 

お昼休みかな、花をバックに(って気がついていないかも・笑)のんびりと一息。

 

 

八重桜のようなぽってりとしたピンクの花は満開までまだもうちょっと楽しめそう。

 

 

こんな気分になりますよねぇ、春ですもん、桜色なんですもん。

 

 

咲き誇るマグノリア、春の訪れとともに突然ブワっと開花する豪快さがあり大好きな花、

すでに満開の時を過ぎて大きな花びらが地面を埋めはじめています。

 

 

頂上に女神の像が立つゲッレールトの丘、散歩に日光浴、思い思いに楽しむ春の午後。

 

 

眺めも最高!

 

 

ヴェレシュマルティ広場ではスプリングマーケットがはじましました。

 

 

クリスマスマーケット同様に民芸品や工芸品の店が多く出店しています。

 

 

こんなに暖かいのに!花も咲いているのに!

今年はイースターまでまだあと2週間ほどあるのが不思議でしょうがない(笑)

そんな4月のはじまりです。

 

| ブダペスト日々徒然 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花咲く日曜日

街中の通りに植わっているレンギョウが花盛り!春ですね〜。

 

 

たまにはブダペストからの旬な話題をお届けしてみようかと。

 

週末の楽しみは街中のここそこで開かれるマーケット、

定番となった廃墟バー・シンプラケルトのファーマーズマーケット「Háztáji Piac」、

クラウザール市場で開かれるアンティーク市「Antik PLACC」以外にもいろいろあります。

(この2つのマーケットについては以前寄稿した記事記事を参考にしてください)

 

 

6区にあるAnker't(アンケルト)という廃墟バー、

不定期ですがガーデニング、植物、園芸がテーマのマーケット

Kiskertpiac(キシュケルトピアツ)」が開かれています。

 

 

キシュケルトは小さな庭、ピアツは市場の意味、訳して「小さな庭市」。

ガーデニングが楽しくなるこれから、花や野菜の種、各種ハーブの苗が揃っていました。

 

 

花にハーブ、サボテンや多肉植物など、ちょっとアートな観葉植物、

そしてジャムやシロップ、チリソースやハーブティーなど、様々な自家製食品も並びます。

 

 

Kiskertpiac

会場:Anker't

住所:Paulay Ede u. 33.

www.facebook.com/kiskertpiac

次回以降の予定は4月9日(10:00〜16:00)、4月20日(17:00〜23:00)

 

昨年まで土曜日のアンティーク市、日曜日のデザイン市が開催されていた

7区にあるパサージュ、Gozsdu udvar(ゴジュドゥ・ウドヴァル)、

どうやら今年はアンティークもデザイン雑貨も一緒になって、

毎週、金、土、日の3日間「Gozsdu Weekend Market」が開かれるようです。

 

 

Gozsdu Weekend Market

会場:Gozsdu udvar

住所; Király u. 13.から Dob u. 16.に続くパサージュ

www.facebook.com/gozsduweekend

金、土、日曜(10:00〜17:00)

イースターの週末は4/14〜4/17まで開催予定

 

もうひとつ、ブダペスト女子に人気の古着市、「Gardrób(ガルドローブ)」

今年も2週間に1度くらいの頻度で企画されています。

デアーク広場からほど近いキラーイ通りにあるパサージュでの開催、

日本円にしたら数百円な掘り出し物が溢れている古着市、おすすめです!

 

 

Gardrób Közösségi Vásár

会場:Central Passage 

住所:Király utca 8.

http://gardrobkozossegivasar.hu

次回以降の予定は4月1日、9日、 22日(11:00〜17:00)

 

| ブダペスト日々徒然 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
晴れやかに春

もう春です。

とうとう新年のご挨拶もこのブログにアップしていませんでした。

それではなんとも心苦しいので年賀状がわりの画像だけでも・・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

実は年末から2月にかけて長い長い冬休みをいただき、

7年ぶりとなる東京に、そして半年ぶりのNYに、

1ヶ月ずつ里帰りをしていました。

 

東京に帰省しなかった間にフェイスブックが普及して

ここ数年、学生時代の友人たちとネット上でつながり、

今回の滞在中に「うわぁ!20年ぶり?」なんて、

それこそ奇跡のような再会をいくつも楽しんできました。

空白の年月を感じさせないバカバカしさや、

昔のまんまな居心地のいい会話のリズム、

つくづく若い頃の友人って宝物だわぁ、と実感しきり。

 

忙しい中、時間を作って会ってくれた友人たち、

そして変わらずに元気でいてくれる家族に感謝感激!

あ〜、この余韻だけで今年もがんばれる〜(笑)

 

その間にハンガリーは大寒波に襲われ、

数年ぶりにドナウ川に氷が流れていたようです、見たかった。。。

帰ってきたブダペスト、さすがに寒さもぐっとやわらいでいて、

近所の公園にはクロッカスが咲いています。

 

 

特にここ数日は街中が春の陽気でウキウキしている気がします。

楽しい週末を!

| ブダペスト日々徒然 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋の色、秋の食

10月がもう終わりって!は、早いっ。。。

土曜から日曜にかけての深夜に時計の針が1時間戻り、

ハンガリーは冬時間になりました、日本との時差は8時間。

 

 

街中はすっかり秋色、落ち葉が積もっています。

 

 

11月1日は諸聖人の日(万聖節)、ハンガリーでは祝日です。

今年は火曜日なので、週末から連休ムードのブダペスト。

伝統的にはお墓参りに行く習慣のある祝日ですが(過去記事こちら

ここ数年はハロウィンの飾りもここそこで見かけます。

 

 

暖かい秋でしたが、少しずつ冷え込んできて、

台所で煮込み料理をクツクツと仕込むことが増えてきました。

 

 

鶏ガラやガチョウのガラなど、

その日の市場で手に入る材料を大鍋で煮込んでスープをとります。

 

 

中華食材屋でワンタンの皮を買ってきたので、

チャイブたっぷりのエビワンタンを作り、

極細パスタのカペッリーニを茹でてワンタン麺、

自家製スープの優しい味、うわぁ〜自画自賛したくなる(笑)

 

 

豚肉の美味しいハンガリー、

近所の肉屋で子ブタのバラ肉を注文して角煮を作りました。

コトコトと鍋を弱火でかけっぱなしにしていると

台所の窓が蒸気で曇って、冬はすぐそこなんだなぁ・・・

と、あらためて思う今日この頃です。

| ブダペスト日々徒然 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市場がある幸せ

やけに暖かかった9月が過ぎ、早くも10月、

あ・・・冬がもうすぐ来るな。。と、肌で感じる気候になりました。

雨が降ったり、どんより曇ったりする日が多いのですが、

時々出る太陽の角度がかなり斜めだったり、

 

 

日が落ちる前に一瞬空がピンク色に染まったりしています。

 

 

天気の良い週末、用事があって以前住んでいた区へサイクリング、

途中、住んでいた当時は毎週通っていた市場に立ち寄りました。

 

 

並ぶ野菜が冬モードになりつつある八百屋さん、

安い乳製品を売るお店、週末には行列ができます。

 

 

スーパーマーケットの数も増え便利になりましたが

ブダペストには今でも各地区ごとに市場があり、

多くの人が日々の買い物に足を運んでいます。

 

 

わたしもふだんは近所の市場で買い物するので、

肉や野菜をスーパーで買うことはほとんどありません。

 

 

美味しいものが大好きなハンガリー人、

市場を歩く人のおしゃべりをちらっと耳にすると、

食べ物談義に花を咲かせている人多いんですよね〜

自慢の食材が並ぶ市場には笑顔があふれています。

その日に並ぶ食材で、何を作ろうか考えたり、

お店の人とのちょっとした会話で献立のヒントを得ることも。

 

店番のキュートなおばあちゃんから、

国籍不明だろう中年のわたしに「お嬢さん、何をお探し?」とか、

わたしの連れの熊のようなおっさんに、

「そこのお若い方!」と声がかかるのも、なんとも微笑ましい。

 

 

これって、もしかしたらとっても幸せな環境なんだろうなって、

重くなった買い物袋を肩から下げて、よく思うのです。

 

| ブダペスト日々徒然 | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ