AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
夏の終わりの日曜日

9月になりました。はい、もうとっくに(笑)

8月下旬は思いのほか結構な暑さの残暑が続いていましたが
月が変わった途端に几帳面なほど季節が変わりました。

日中は晴天だと汗ばむような陽気の日もありますが朝晩はかなり涼しいです。

 

そんな夏の名残りの太陽が予想以上に眩しかった先週末の日曜日、

いくつかのマーケットが開催されていたので、ふらりと街歩き。

 

 

7区のドブ通り(Dob utca)、一方通行で歩道が狭く、車が来るとヒヤヒヤするような小道、

数年前まではこんなに観光客を見ることがありませんでした。それが、今では日曜の朝からガヤガヤ感!

この地区の人気はわかっているんだけど、それでも目にする度にびっくりする私。

 

 

ドブ通りとキラーイ通りをつなぐパサージュ、ゴジュドゥ・ウドヴァル(Gozsdu udvar)

毎週末、金曜〜日曜にマーケットが開催されています。

 

 

 

アンティークや手作り工芸品やデザイン小物などなど、いろいろと。

レストランが並ぶ人気のパサージュなので混み合うことも多いです。

 

Gozsdu Weekend Market 

金、土、日曜 10:00〜17:00

www.facebook.com/gozsduweekend

 

ゴジュドゥ・ウドヴァル途中にある歩行者専用の道を曲がるとマダーチ広場(Madách tér)にでます。

 

 

この辺りはコーヒーの美味しいカフェやベーカリーなどが続々と集まっています。

地下鉄3線が交差するデアーク広場もすぐそこなのでひと休みしたり軽食をとるには便利な場所です。

 

マダーチ広場から小環状線を渡って観覧車のあるエルジェーベト広場へ。

ハンガリー発デザインフェアのパイオニアと言えるWAMPが開催されていました。

 

 

 

 

 

ここで開催されるのは今シーズン最後、

秋から冬にかけてはブダにあるミッレナーリシュ(Millenárs)というイヴェント会場で開かれます。

 

WAMP 

www.wamp.hu

(2017年秋、冬の開催予定日:10/1, 11/19, 12/3, 12/10, 12/17)

 

7区に戻って春にも紹介した(→記事こちら)ガーデニング系マーケットの「Kiskertpiac

 

 

 

夏を超えてわっさわっさと育ったハーブの鉢植え、

バジルやローズマリー、オレガノ、タイム、セージなどなど・・・

そばを歩いただけで、爽やかな香りがふわ〜っと過ぎります。

 

 

お好みでブーケも作ってくれる花屋さん、花も笑顔も最高です!

 

 

そして、たしか春先には種や苗を売っていたこの店、

ずらりと並べられたトマトやパプリカはすべて品種が違うのだそう、まるで野菜博物館!

 

 

収穫の秋はこれから、一足先に今年の夏の太陽の恵みをたっぷり感じた日曜の散歩でした。

 

Kiskertpiac 

www.facebook.com/kiskertpiac

次回は10月22日

| ブダペスト日々徒然 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロバート・キャパ現代写真センター

秋の気配を感じつつも、この週末は暑さが戻ってきて日中は30度を超えました。

10年以上前に買って、もう首も振ることのできないオンボロ扇風機、がんばってます(笑)

 

いくつか前の投稿で書いたエリオット・アーウィットの写真展、

フォトギャラリー「マイ・マノ・ハーズ」にはハンガリーで撮影された写真が集められていますが、

アンドラーシ通りを挟んで同じ通りにある「ロバート・キャパ現代写真センター」では

エリオット・アーウィットの代表作を集めた写真展が並行して開かれています。

 

 

さて、なぜロバート・キャパの名を冠した写真センターがブダペストにあるのか、

それはロバート・キャパがブダペスト生まれだから、意外に知られていないかも?

ロバート・キャパについてはまた別の投稿で書きたいと思います。

 

(ロバート・キャパ現代写真センターでのエリオット・アーウィット展は写真撮影禁止だったので入口だけ)

 

こちらでの写真展は部屋ごとに「街」「犬」「子ども」などのテーマがあり、

展示数も多く見応えたっぷりでした。キスの写真とか、見たことある作品もいっぱい!

 

 

 

個人的にはロバート・キャパのお墓に覆いかぶさるキャパの母の写真が印象的でした。

 

この建物はもともとエルンスト・ミュージアムだったもので、

ロバート・キャパ現代写真センターとしてオープンしたのは2013年のこと、

築100年以上の世紀末建築です。

 

 

入り口の違う2階と地下に展示場があります。

地下ではブダペストに流れるドナウ川の中州の島で開催される

ヨーロッパでも最大級の夏フェス「シゲト(Sziget)」の25周年を記念した写真展がありました。

 

 

1993年からシゲトの撮り続けているフォトグラファーの写真展、

今はなんだかカラフルでモダンで秩序があるというか、だいぶ快適?(笑)になった島フェスですが、

わたしが行き始めた2000年最初の頃は土ぼこりにまみれて泥臭いアナーキーなイメージだったなぁ。

 

展示されているのがモノクロームの写真ということもあり、

なんだかとってもノスタルジックな気分になりました(年とった〜www)

 

そうそう、今年の夏は数年ぶりに島フェスに1日だけ行ってきたんです。

その話もまた次回にかな〜。

 

 

ロバート・キャパ現代写真センター

Robert Capa Kortárs Fotográfiai Központ

http://capacenter.hu

 

エリオット・アーウィット:レトロスペクティブ

(Elliott Erwitt: Retrospektív)

会期:6月15日〜9月10日

 

シゲト25(SZIGET 25)

会期:6月12日〜8月31日

| ブダペスト日々徒然 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秘密の中庭、心地いい色

ちょっと前になりますが、JAL機内誌「Skyward」7月号のBookmark for Travellerに

ブダペストからコンセプトショップ「Paloma(パロマ)」の話題を寄稿させていただきました。

 


ブダペスト中心に連立する築100年前後の古い集合住宅、

ほとんどの建物はファサードをくぐり抜けると中庭があり回廊がめぐらされています。

 

(回廊のタイルもステキ・・・)

 

1890年代に建設され、当時の所有者の名からワグナーハウスと呼ばれる美しい集合住宅、

この建物の一階と二階にある8部屋で展開しているのがコンセプトショップ「パロマ」

ハンガリーで活躍するデザイナーやアーティストの作品が展示、販売されています。

 

(複数のデザイナーが部屋を共有しています)

 

ひとつひとつ丁寧に手作りされたアクセサリーはかさばらないしおみやげにもオススメ、

シンプルなパッケージにもこだわりが感じられます。

 

 

ビーズ細工のアクセサリー

MYART jewels www.myart.hu

 

 

コンクリートを使用したアクセサリー

NEW ACCENT http://newaccent.eu

 

 

木のアクセサリー

handrea  www.handrea.hu

 

 

シルクのスカーフとアクセサリー

silk&more www.silkandmore.hu

 

わたしがハンガリー発のデザインを見ておもしろいと感じるのは

パステル調でも鮮やかなものでも、どこか落ち着きのある大人ポップな色使い。

軽やかな色合いだけど、甘すぎず、派手すぎず、なんだか心地いい。

 

遊び心満載のデザインも楽しくて、身につけたら1日ウキウキとした気分で過ごせそう。

 

 

布やビーズ、木を使ったアクセサリー

Vadjutka www.vadjutka.hu

 

 

柔らかな色合いのスヌード

Sulyan www.sulyandesign.hu

 

 

イソギンチャクをモチーフにしたフェルトのブローチ

feltikinga http://feltikinga.com 

 

 

画家によるポストカードのセット

Votin Dóra www.votin.hu

 

 

ジッパーまでカラフルなポーチ

mandalám www.mandalam.hu

 

パロマ Paloma

住所: Kossuth Lajos utca 14-16.

営業時間:月〜金 11:00〜19:00 土 11:00〜15:00 休:日曜

http://www.facebook.com/PalomaBudapest

 

| ブダペスト日々徒然 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美しく青きドナウの花火

8月20日は聖イシュトヴァーンの日、建国記念日で祝日です。

一日中いろんなイベントが開催されるブダペスト、夜には毎年恒例で花火が上がります。

 

 

国会議事堂と鎖橋の間くらい、ふだんは2番のトラムが走っている線路の上から見ていました。

花火がとても近く、時々おなかに響くような爆発音が鳴り、あたりには火薬の匂いも。

 

 

バックグラウンドに美しく青きドナウがかかり、大きなのが連続で打ち上がると拍手喝采、

フィナーレ前には国歌が流れるという、とってもハンガリーらしい演出、30分はあっという間でした。

 

 

どこにいても、やっぱり花火は夏の風物詩ですねぇ〜。

 

 

気温は20℃くらいと結構下がってて、帰り道はちょっと肌寒かったほど。

この週末で夏休みを終え職場に戻る人も多く、学生はもうすぐ新しい学年の始まりです。

秋の気配はすぐそこに。

| ブダペスト日々徒然 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
60's モノクローム・ハンガリー

今週はまたまた暑くなりましたが夜眠れないほどではありませんでした。

8月20日は聖イシュトヴァーンの日、ハンガリーの建国記念日です。

不思議なことに毎年この祝日を境に季節が変わり秋の気配を感じるようになります。

今年も天気予報によると20日にはぐんと温度が下がるみたい。

酷暑に悶えた日々もあったけど、夏が終わりになると思うとやっぱりさみしいなぁ。

 

マグナム・フォトの写真家として知られているエリオット・アーウィット、

彼が1964年にハンガリーで撮影した写真を集めた展示が

フォトギャラリー「マイ・マノー・ハーズ」で開催されています。

 

 

パリとブダペストをつないだオリエントエクスプレスの出発を待つ東駅、

社会主義時代のハンガリーは鉄のカーテンの向こう側、

国を離れたらもう帰れないかもしれない、二度と会うことができないかもしれない、

車窓から顔を出す人々、見送る人々の表情がとても印象的でした。

 

東欧各国が民主化され、EUに加盟し、そしてシェンゲン協定を結んだ今では、

西欧諸国へパスポートのコントロールもなく自由に行き来ができます。

60年代には予想もしなかっただろう未来が来たんだなと感じます。

 

 

他にもガチョウが群れをなしていたり、馬車に乗っていたりと牧歌的な風景や

カフェのテラスや建てられたばかりだろう団地のある光景、

 

 

わたしはその時代この場所にいなかったのに、記憶の断片を見ているような、

ノスタルジックなモノクロームの写真が集められていました。

 

 

この展示があったマイ・マノー・ハーズ(Mai Manó Ház)は

19世紀末、オーストリア・ハンガリー帝国時代に

ハプスブルグの宮廷写真家だったマイ・マノーの写真スタジオとして建てられました。

 

 

現在は「ハンガリー写真家の家」として3、4階がフォトギャラリーになっています。

 

(3階と4階をつなぐ階段)

 

19世紀末の時代を反映するネオ・ルネッサンス様式の建築も素晴らしく、

 

 

入り口には当時の写真館が撮影したポートレートが飾られています。

 

(2階へと続く階段と天井画)

 

 

写真集を集めたショップがある2階までは無料でいくことができるので、

ブダペストの世紀末建築を見に足を運んでみてはいかがでしょう。

1階にあるカフェも居心地がいいのでおすすめです。

 

 

マイ・マノー・ハーズ(Mai Manó Ház)

http://maimano.hu/

 

エリオット・アーウィット in ハンガリー

(Elliott Erwitt Magyarországon)

会期:6月15日〜9月10日

| ブダペスト日々徒然 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人に優しい消火栓

あっという間に夏、とかなんとか書こうと思っていたはずが、

ふと気がつけば、8月もど真ん中!日本はお盆休みですね。

今年の夏はブダペストもかなり暑いです、熱波が繰り返し襲ってきます。

 

それでも今週末はほっと一息、気温が下がってちょっといい感じの夏日です。

 

(連日38度とかで幻のようだった週のイメージ、インスタ加工ですが・笑)

 

ハンガリーの夏は日本よりずっと乾燥しているので、

30度をちょっと超えるくらいなら日陰に入れば随分過ごしやすいのです。

 

それでも体内の水分はどんどん蒸発しているので熱中症になる可能性大!

喉の渇きに気がついていなくても、こまめに水分補給が必要です。

 

(熱波が来ると朝から32度とか・・・陽射しもきつい!)

 

ブダペストの道路脇にある真っ赤な、いたって普通な消火栓、

水色のタップが付いていたら、直接水が飲めるようになっています。

 

 

これって素晴らしいアイディアだと思いませんか〜。

ハンガリー人女性デザイナーの発案、こういう人に優しい幸せなデザイン大好き!

 

直接飲んだり、顔を洗ったり、散歩の途中に喜ぶワンちゃんもいたり、

暑すぎたブダペストのちょっとしたオアシスのような消火栓でした。

| ブダペスト日々徒然 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初夏のような春の午後

春をぴゅんと通り過ぎて、もう夏はすぐそこ!という陽気のブダペスト、

今日の気温は25度を超えるほどで、日差しもかなりの強さでした。

 

 

3月末の週末に時計の針が1時間進み夏時間に。

6時に日が暮れていたのが7時になり、さらに日に日に日没時間が遅くなるので、

夏時間になったとたんに日照時間が伸びたような錯覚をしてしまいます。

長年住んでいるのに、いまだに慣れないんですよねぇ〜。

 

 

これはうちの窓から西の空に見えた新月翌日(3月29日)の二日月。

三日月よりさらに薄く、あっという間に沈んでしまう儚く美しい月、

時間はたぶん8時くらいだったかな、まだ空にほんのり青さが残っていました、これが夏時間。

 

 

そしてブダペストにも本格的な花の季節の到来です。

 

 

お昼休みかな、花をバックに(って気がついていないかも・笑)のんびりと一息。

 

 

八重桜のようなぽってりとしたピンクの花は満開までまだもうちょっと楽しめそう。

 

 

こんな気分になりますよねぇ、春ですもん、桜色なんですもん。

 

 

咲き誇るマグノリア、春の訪れとともに突然ブワっと開花する豪快さがあり大好きな花、

すでに満開の時を過ぎて大きな花びらが地面を埋めはじめています。

 

 

頂上に女神の像が立つゲッレールトの丘、散歩に日光浴、思い思いに楽しむ春の午後。

 

 

眺めも最高!

 

 

ヴェレシュマルティ広場ではスプリングマーケットがはじましました。

 

 

クリスマスマーケット同様に民芸品や工芸品の店が多く出店しています。

 

 

こんなに暖かいのに!花も咲いているのに!

今年はイースターまでまだあと2週間ほどあるのが不思議でしょうがない(笑)

そんな4月のはじまりです。

 

| ブダペスト日々徒然 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花咲く日曜日

街中の通りに植わっているレンギョウが花盛り!春ですね〜。

 

 

たまにはブダペストからの旬な話題をお届けしてみようかと。

 

週末の楽しみは街中のここそこで開かれるマーケット、

定番となった廃墟バー・シンプラケルトのファーマーズマーケット「Háztáji Piac」、

クラウザール市場で開かれるアンティーク市「Antik PLACC」以外にもいろいろあります。

(この2つのマーケットについては以前寄稿した記事記事を参考にしてください)

 

 

6区にあるAnker't(アンケルト)という廃墟バー、

不定期ですがガーデニング、植物、園芸がテーマのマーケット

Kiskertpiac(キシュケルトピアツ)」が開かれています。

 

 

キシュケルトは小さな庭、ピアツは市場の意味、訳して「小さな庭市」。

ガーデニングが楽しくなるこれから、花や野菜の種、各種ハーブの苗が揃っていました。

 

 

花にハーブ、サボテンや多肉植物など、ちょっとアートな観葉植物、

そしてジャムやシロップ、チリソースやハーブティーなど、様々な自家製食品も並びます。

 

 

Kiskertpiac

会場:Anker't

住所:Paulay Ede u. 33.

www.facebook.com/kiskertpiac

次回以降の予定は4月9日(10:00〜16:00)、4月20日(17:00〜23:00)

 

昨年まで土曜日のアンティーク市、日曜日のデザイン市が開催されていた

7区にあるパサージュ、Gozsdu udvar(ゴジュドゥ・ウドヴァル)、

どうやら今年はアンティークもデザイン雑貨も一緒になって、

毎週、金、土、日の3日間「Gozsdu Weekend Market」が開かれるようです。

 

 

Gozsdu Weekend Market

会場:Gozsdu udvar

住所; Király u. 13.から Dob u. 16.に続くパサージュ

www.facebook.com/gozsduweekend

金、土、日曜(10:00〜17:00)

イースターの週末は4/14〜4/17まで開催予定

 

もうひとつ、ブダペスト女子に人気の古着市、「Gardrób(ガルドローブ)」

今年も2週間に1度くらいの頻度で企画されています。

デアーク広場からほど近いキラーイ通りにあるパサージュでの開催、

日本円にしたら数百円な掘り出し物が溢れている古着市、おすすめです!

 

 

Gardrób Közösségi Vásár

会場:Central Passage 

住所:Király utca 8.

http://gardrobkozossegivasar.hu

次回以降の予定は4月1日、9日、 22日(11:00〜17:00)

 

| ブダペスト日々徒然 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
晴れやかに春

もう春です。

とうとう新年のご挨拶もこのブログにアップしていませんでした。

それではなんとも心苦しいので年賀状がわりの画像だけでも・・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

実は年末から2月にかけて長い長い冬休みをいただき、

7年ぶりとなる東京に、そして半年ぶりのNYに、

1ヶ月ずつ里帰りをしていました。

 

東京に帰省しなかった間にフェイスブックが普及して

ここ数年、学生時代の友人たちとネット上でつながり、

今回の滞在中に「うわぁ!20年ぶり?」なんて、

それこそ奇跡のような再会をいくつも楽しんできました。

空白の年月を感じさせないバカバカしさや、

昔のまんまな居心地のいい会話のリズム、

つくづく若い頃の友人って宝物だわぁ、と実感しきり。

 

忙しい中、時間を作って会ってくれた友人たち、

そして変わらずに元気でいてくれる家族に感謝感激!

あ〜、この余韻だけで今年もがんばれる〜(笑)

 

その間にハンガリーは大寒波に襲われ、

数年ぶりにドナウ川に氷が流れていたようです、見たかった。。。

帰ってきたブダペスト、さすがに寒さもぐっとやわらいでいて、

近所の公園にはクロッカスが咲いています。

 

 

特にここ数日は街中が春の陽気でウキウキしている気がします。

楽しい週末を!

| ブダペスト日々徒然 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋の色、秋の食

10月がもう終わりって!は、早いっ。。。

土曜から日曜にかけての深夜に時計の針が1時間戻り、

ハンガリーは冬時間になりました、日本との時差は8時間。

 

 

街中はすっかり秋色、落ち葉が積もっています。

 

 

11月1日は諸聖人の日(万聖節)、ハンガリーでは祝日です。

今年は火曜日なので、週末から連休ムードのブダペスト。

伝統的にはお墓参りに行く習慣のある祝日ですが(過去記事こちら

ここ数年はハロウィンの飾りもここそこで見かけます。

 

 

暖かい秋でしたが、少しずつ冷え込んできて、

台所で煮込み料理をクツクツと仕込むことが増えてきました。

 

 

鶏ガラやガチョウのガラなど、

その日の市場で手に入る材料を大鍋で煮込んでスープをとります。

 

 

中華食材屋でワンタンの皮を買ってきたので、

チャイブたっぷりのエビワンタンを作り、

極細パスタのカペッリーニを茹でてワンタン麺、

自家製スープの優しい味、うわぁ〜自画自賛したくなる(笑)

 

 

豚肉の美味しいハンガリー、

近所の肉屋で子ブタのバラ肉を注文して角煮を作りました。

コトコトと鍋を弱火でかけっぱなしにしていると

台所の窓が蒸気で曇って、冬はすぐそこなんだなぁ・・・

と、あらためて思う今日この頃です。

| ブダペスト日々徒然 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ