AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
母娘旅行〜古都の山寺
母娘タイ旅行、後半はチェンマイへ。
バンコクから来ると、緑多く山の見えるチェンマイは
時間がゆったりと流れていて、ほっと息をつける。

チェンマイと言えば、まずドイ・ステープ(ステープ山)
ドイ・ステープに行かなければチェンマイに来た事にならない!
と言う事で、妹の友人の車で、すいすいと山の上へ。
山頂近く、チェンマイ市内を見下ろすように寺院がある。

Chiang Mai

真っ青な空、金色に輝く寺院、山の空気も気持ちいい。
境内をゆっくりと一周、様々な仏像があり、
それぞれに参拝する人々の姿がある。

Chiang Mai

Chiang Mai

お布施をしてお坊さんに読経をしてもらう。
お経が終わり、手首に巻くための白い紐を置く時に、
お坊さんは母に声をかけた。

『しあわせ(日本語)』

今回の旅ではタイ語に堪能な妹がずっと通訳していたから、
言葉が通じなくて困ると言った事はまったく無かったのだけれど、
母にとっては生まれて初めての海外旅行、
朝から晩まで絶えず外国語に接している非日常な日々が続いていた。

だから『しあわせ』と言う、たった一言だけの単語でも、
母の心にはたぶん直球で響いたんだと思う、ストライク〜!
お坊さんが降りかけたお清めの水で水滴だらけの顔(笑)に笑顔炸裂、
『しあわせって!しあわせって!』と興奮気味、
言葉って、一言でもすごい威力があるなぁ。

この晩、チェンマイの空港からバンコクを経由して帰途に着く。
ドイ・ステープ寺院での『しあわせ』の一言が、
母娘旅行の締めくくりを本当の幸せで飾ってくれた事に感謝した。



(おまけビデオ・しあわせの瞬間)
| アジアの匂い | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
母娘旅行〜天使の都
ちょっと前の話、東京に帰省していた今年の2月、
母と妹と3人でタイへ行った、母にとっては初めての海外旅行。

タイは日本語教師の妹が長年住んだ国、
わたしも妹の滞在中に何度も訪れている大好きな国、
母が初の海外旅行で行く国は、タイしかないでしょ〜!と
妹と2人で数年前から計画していて、今年やっと夢がかなった。
正月明け、航空券やホテルをネットで予約した(便利な時代だなぁ〜)
そして、旅慣れない母の荷造りを手伝ったりしているうちに
時間があっという間に過ぎていった。

2月某日、いよいよ出発!成田空港ですでに盛り上がる母、
掲示板を写真に収めようと慣れないデジカメをかまえる。

BKK

飛行機に乗ってもソワソワしている母は
しきりに窓の外を写真に撮ろうとしているので、
何を撮りたいのかと聞くと、『大きな翼』との事、
そんな様子を見て、妹と2人で笑いが止まらなくなる。

BKK
(母の写した大きな翼・笑)

現地時間の4時過ぎ、無事バンコクに到着、
タイ語でバンコクはクルンテープと言う、意味は天使の都だそう、
『パイ・クルンテープ(バンコクに行く)』なんて
言ってみたりするたびに、素敵な街の名前だなと思ったりする。

サヤームにあるホテルにチェックイン、ちょっと休憩してから
ホテルから徒歩で行けるデパートに買い物に出かける。
歩道橋に出ると熱帯のむわっとした空気につつまれる、
そうそうバンコクの空気ってこれだよねと嬉しくなってしまう。

BKK

夕食はMKにてタイスキ、バンコクに行ったら必ず一度は行く店、
ブダペストにもオープンしてくれないかなぁ〜。

BKK

翌日、泊まったホテルで朝食、和洋中+タイの豪華なビュッフェを堪能、
そして観光に出発、気温が上がりきらないうちに主な見どころを周る予定。
まずは、BTS(スカイトレイン)に乗って終点まで、
そこからボートでチャオプラヤー川を下って王宮へ、
これは妹おすすめのバンコク観光ルートのひとつ。

BKK

バンコクには数え切れないほど来ているけど
王宮に来た事は一回しかない、それも10年以上前・・・。
妹ガイドの後について王宮を一周する、
母はわたしたちの予想以上に興味津々で、
建物の細部までじっくり見て周るので結構時間がかかる。

BKK

BKK

そしてワット・ポーへ。

BKK

ワット・ポーは寝仏とタイマッサージが有名だけど境内も美しい。
建立されたそれぞれの時代によって装飾の違う仏舎利があったり、
ヨガのポーズをとっている石像などが点在している。

BKK

BKK

寝仏の背中側にてタンブン(徳を積む)をする母、
硬貨を鉢の中にひとつずつ入れていく、
鉢の数を数えていたらしく『108個だったわ』と嬉しそう。

BKK

川を渡ってワット・アルンへ。

BKK

暁の寺、ワット・アルンは、
対岸から夕日と一緒に眺めるのも美しいのだけれど、
装飾の細部を近くで見るのもおすすめ、
陶磁器のかけらで彩られたモザイクが見事なのだ。

BKK

正午を過ぎて、太陽が真上から照りつける、暑い!
ワット・アルンの塔が熱気の充満する空に向かってキラキラと輝く。

BKK

午後はのんびりと冷房のきいたデパートで買い物、
あっという間に過ぎたけど、充実した天使の都での一日だった。

ちなみにこの晩、母はベッドの中で、
あまりにも豪華だった朝食のビュッフェを思い返し、
『明日の朝、何を食べようかなぁ〜?』と、
メニューや食べる順番まで考えながら幸せな眠りについていた。

結局のところ食い意地ですか!
血は争えないんだな…。

BKK
(前夜に熟考した通りお皿を埋めていく母・笑)
| アジアの匂い | 21:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
微笑みの色
ひさしぶりに通り雨もなく穏やかに晴れた一日。
午前中に煙突屋さんが来て冬の間にたまった煤を掃除してくれた。

重い腰を上げて、ぐちゃぐちゃの引出しをかたずけていたら、
2年前にタイに行ったときの写真が出てきた。
初めてタイを旅行したのは1992年の春(うわ、14年も前・・・)
以来、何度足を運んでいるか、もう覚えていない。
わたしの妹はこの国に何年も暮らしていた。

2年前、ブダペストから東京に戻り、すぐに妹の住むタイへと飛んだ。
ひさしぶりのタイ、飛行機を降りて甘ったるい匂いの熱い空気を吸い込む、
そして、そのまったりとした空気にとけこむように
タイ人がやわらかな微笑を浮かべていた。

何度も行った事のあるこの国の微笑みに今さらながら少々戸惑った。
わたしの暮らす東欧の街、口を真一文字に結んで歩く人が多い。
もちろん笑顔もあるけど、微笑みと言う言葉は似合わない街だ。

タイ人は目が合っただけでもゆるりと微笑む、それが普通の表情。
微笑みの国と言う言葉を思いがけずにとっぷり実感した旅だった。

マハーサラカム

ロータス

織物用の糸

夜店

夜店

夕焼け

市場

バンコク

マンゴ
| アジアの匂い | 22:34 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
記憶を呼ぶ香り
午前中は雨が降ったり止んだり。午後、雨が止み、
空が少し明るくなったところで自転車に乗って街へ出た。
ライラックの花が咲き始めていて甘い香りが漂う。

ブダペストでヨガを教えるアメリカ人は2月から3月にかけて
友人アイルランド人のを含め数名の生徒と共に
インドのマイソールでヨガの修行をしていた。

インドに旅立つ数日前のに通りでばったり会った時、
おみやげは何がいいかと聞かれたので、インドの紅茶!と即座に答えた。

そして先日、ヨガのクラスに参加した後、
からインドみやげを受け取った。
約束通り紅茶、そしてお香も、うれしいなぁ、インド直送!

紅茶は細かい粒状なのでたぶんアッサムだと思う。
量り売りだったのだろう、ビニール袋に無造作に入っている。

茶葉

インドの紅茶なら、やっぱりインドのミルクティー『チャイ』でしょ!
と、はりきって近所の店で牛乳を買ってきた。わたしも同居人
ふだん牛乳を飲まないので冷蔵庫に常備していないのだ。

鍋に沸かした湯の中に茶葉をふり入れると、チャイの香りの
濃厚な蒸気がブワっと立ち上った。一瞬、インドの雑踏の風景が
くっきり脳裏に浮かぶほどのフラッシュバック、この香り何年ぶりだろう。

匂いと言うものは思いもかけないところで記憶を鮮烈に呼び起こすので、
時々困ってしまう。特に夏は、温められた道路の匂いや排気ガス、
ゴミ箱の甘酸っぱい匂いまで、アジアの路地を思い出させてせつなくなる。

インドに初めて行ったのは大学4年になる前の春休み、
とっぷりはまって、同じ年の夏休みにもインドへ行ってしまった。
インドの人々の豊かな表情に惚れ込んでポートレートを撮りまくった、
そしてわたしは写真を撮る事にのめり込んだ。

今思い出しても、色褪せていないビビットなインドの情景、
でも、気がつくとあれから10年以上経ってしまっているんだ!
わたしのポートフォリオに残る子ども達の無邪気な姿、
今ではもう大人になっている?うわ〜、時の経つのが速すぎる!

鍋に牛乳を注ぎ、砕いたカルダモンで香りをつける。
出来上がったのはゆらゆらとノスタルジックな気分にさせるチャイだった。

チャイ
| アジアの匂い | 21:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ