AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
そして、帰路
ニューヨークのアジア飯めぐり、
友人に連れられてちょっとユニークなお店へ。



食いしん坊なわたしたちを喜ばせようと、NY在住の友人が選んだのは、
中央アジア、ウズベキスタン料理、ユダヤ系のレストランなので
コーシャー(ユダヤ教の食事規定に沿った)な料理を提供する店だ。
ビルの2階、分かりづらい場所にあるけど、昼時は満席、
ざわざわとした食堂的な雰囲気、好きだなぁ。



麺の入ったスープ、ラグマン、
初めて食べたのはウクライナで入った、ウズベク人の食堂だった。
うどんのような麺、トマト風味なスープで、東と西が一緒になった味がする。



肉の乗ったピラフ、



そして、マントゥ、薄皮の餃子、またはシュウマイといったところ、
ユダヤ教では豚肉を食べないので牛肉や羊肉が使われる。
これも、アジアでもあり、ヨーロッパでもある味だった、美味。
ウズベキスタンはいつか行きたいと思っている国のひとつ、
いつか機会が巡ってくるんじゃあないかなぁ。



外の空気はかなり冷たいけど、太陽が昇って気持ちのいい一日、



ニューヨークでの残り少ない時間、ふらふらと街歩きは続く。



そして、ブダペストに帰る日となる。
夕方、空港で搭乗を待っている間、
ふと窓の外に目をやると、ぽっかりと満月が浮かんでいた。
楽しかった帰省ツアー、満月を見ながら幸せな気持ちになる。

明け方、到着したフランクフルトの空港で、
早速、真冬のブダペストの洗礼をうける。。。
ブダペスト行きの飛行機のすべてが、遅延、遅延、欠航、
次の便に振り替え、そして遅延、遅延・・・
運悪く、とんでもない雪嵐が吹き荒れていたらしく、
結局、夜まで、空港に缶詰状態、とほほほほ・・・。

10ユーロ分のミールクーポンはもらったけど
わたしのいたターミナルには、カフェやサンドイッチ屋ばかりで
まともなレストランが一軒もなく、ちょうど空席のあったバーで軽食をとる。



フランクフルトでフランクフルトを食べる(ダジャレじゃなくて事実)
おいしかったけどね、さすが本場、それは認める。
| ニューヨーク | 04:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ニューヨーク再び
東京滞在を満喫して再びニューヨークへ、
ブダペストに帰るまで、残すところ一週間、
悔いのないように食べつくす(笑)

まずは中華街へ、



イーストブロードウェイの食堂でワンタンメン、
エビ入りのワンタンが金色のスープに浮かぶ、麺は細麺、
ずーっと前に、香港の路地で食べたワンタンメンを思い出させる味。



外は真冬でも、混みあう店内にアジアな熱気が充満している、
ニューヨークに来ると必ず立ち寄るお気に入りの店、
通りに面した窓にぶら下がるローストダックの誘惑。。。



おなかいっぱいだけど、次、いつ来る事が出来るか分からないので、
ローストダックのごはん乗せも追加で注文だぁ〜。



じゅるるるる、ジューシーなお肉。。。美味しすぎる。。。。

川を越えてニュージャージー、韓国人の多く住む街で
コリアン・シーフード・レストランへ。



英語もあまり通じない、ディープ・コリアンなお店、
すすめられるままコンボ(おまかせセット)メニューを頼む。
ハマグリのスープ、エビフライ、海鮮サラダ、



アンキモ(たぶん)、なんだか分からない刺身、





貝にうなぎ、甘エビ、そして、ナマコやホヤまで出てきて、びっくり。
同居人Bにとっては、初ナマコに初ホヤ、
これでまた一歩アジア人に近づいたか?(笑)
この後、ごはんにキムチなどなど、食べきれないほどテーブルに並んで
お一人様$30、2700円って、安すぎるよね。

タイ料理屋にもGO!



ニューヨークではタイ料理といえばまずパッタイ、なんでだろう?



アヒルのスープ麺



チリとバジル炒めのぶっかけ飯。

はぁ〜、アジア食めぐり満喫、
って、わたしにとってのニューヨークって、アジア???
(すっかり食べ物ブログになってるし。。。)
| ニューヨーク | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いまさら年末(NY)
月一ブログから隔月ブログ、
そして、とうとう季刊ブログになってしまったかも・・・
年が明け、すでに立春も過ぎ去ってしまった2月上旬、
ブダペストの今年の冬は寒いです、雪がとけません。。。

年末から年始にかけて、長距離移動の旅にでる、
というか、帰省のかけもち。
まずは同居人の産地、違った、生まれ故郷のニューヨークへ。
 


クリスマス前のニューヨークの街、
足早に駆け抜けていくニューヨーカー、
そして、世界中から集まる観光客、
街中に人が出ていて、なんともにぎやか、
人と時間とが、わたしの前をびゅんびゅん通り過ぎていく感じ。



それは、都会に流れる時間の速さ、多くの人が動く波動、
ブダペストのような小さな街の(首都なんだけどね)
のんびりとした生活風景に慣れてしまうと、
最初は、都会ならではのペースにびっくりしてしまう、
そんな自分が微笑ましかったり、東京出身なのに(笑)


 
ロウアーイーストサイドにある昔ながらのデリ『Katz's』

 

同居人の世界で一番好きな場所のひとつ(らしい)、



そんな彼の大好物、巨大なコンビーフサンドイッチ。

 
(同居人が愛を込めて撮影・笑)  

ちなみにコーンビーフと言うと日本だと缶詰だけど、
アメリカでは塩やスパイスに漬けこんだビーフの塊を
蒸したり、ボイルした、フレッシュでジューシーな肉の事、
目の前でスライスされた、ほやほやのコーンビーフ、
どっさりと重ねられて、薄切りのライ麦パンに挟まれる。  
初めて見た時は、そのサイズにアメリカを感じたなぁ。

クリスマス前には大雪が降った、
同居人Bの両親が現在住んでいるのは川向こうのニュージャージー、
丸一日降り続いた雪、翌日、庭に積もった雪を朝日が照らした。

NJ

雪の残るニューヨークの街も散歩、



冷たい空気、冬のまぶしいくらいの太陽が気持ちいい。

NY



ライトアップされる夜の街、クリスマスムード満点

NY



雪の積もった夜は、ぼんやりと明るい、
都会なのに、こんな夜は空気も澄んでいるように感じる。



痛いほどに冷え込んできた空気を吸い込んで、
さらに歩き続ける、冬のニューヨークを満喫、
そして、クリスマス当日、東京行きの飛行機に乗りこんだ。
| ニューヨーク | 19:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
NewYork・NewYork(3)
さてさて、ニューヨーク滞在で
わたしが一番楽しみにしていた事、
そりゃ〜もちろん食べる事!

American food!

まずは、アメリカ代表ハンバーガー。
ハンバーガーって本当はスローフードだ、
注文を受けてから、ビーフ100%のハンバーグを焼く、
そして、焼きあがったプリプリのハンバーグをほかほかのバンズに挟む。
アメリカで食べて初めてハンバーガーの本当のおいしさが分かった。
それを知ったら、マクドナルドのハンバーガーなんて食べれなくなる。

一般的にアメリカは大味と言うけれど、
メニューや場所をうまく選べば、わたしにとってはとってもおいしい国だ。
手の平よりでっかいジューシーなステーキ、じゅるるるる。
そして、やっぱり楽しみなのはいろんな国の料理。

同居人の両親が今住んでいるのは
ニューヨークの川向こう、ニュージャージー
日本で言えば埼玉みたいな感じかな。
隣町のフォートリーはもともと日本人の多く住む街だったらしいけど、
今では韓国系の移民の多い町で本格的韓国料理屋が多い、
極上の骨付きカルビ!じゅるるるる。

American food!

フォートリーからさらに隣の町へ、
川向こうにニューヨークの高層ビルが望める町、エッジウォーターには
日系の大型スーパーマーケット、ミツワがある。
数年前に改装されたフードコートは大人気で週末には座る場所が無いほど。
事前にネットでチェックしてからずっと楽しみにしていたラーメン!

American food!

セットメニューでイクラ丼付き、きゃ〜!
その向こう側は揚げ物好き同居人が堪能した天丼。

もちろん甘い物もわたしにとっては、はずせない楽しみのひとつ!
まずは、ニューヨークチーズケーキ...

American food!

表はパリパリ、中はしっとりのペストリー...

American food!

フロリダの名産キーライムを使ったキーライム・パイ...

American food!

そして、パンケーキ、
写真はストロベリーチーズケーキパンケーキ...むむむゴ〜ジャス。

American food!

このパンケーキは、パンケーキ専門レストランチェーンIHOPの朝食セット。
セットとはもちろん、タマゴにソーセージにハッシュドポテト付き。

American food!

IHOPは日本で言えばファミリーレストラン的な場所、
朝から家族連れも多く、店内で見かけたこども達は
本当に嬉しそうにパンケーキを食べていて
白い冬の朝をほんわか温めてくれるアメリカの風景があった。

American food!
| ニューヨーク | 21:34 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
NewYork・NewYork(2)
ニューヨークから帰ってきて
ひどい時差ぼけが一週間以上続いた。
日中は眠いのに夜になると眠れない、
明け方やっと浅い眠りについたと思ったらすぐに目が覚める。
ちょうど、ブダペストの天気も悪く、
延々とグレーな日々、太陽は厚い雲の向こうに隠れている、
新年早々、にぶい霞みのかかったような日々だった。

もちろん今は復活、
ヨガにもまた通い始めたし、筋肉痛が心地いいくらい(笑)
今年のブダペストの冬、わたしがニューヨークにいる間は
雪が降ったり、かなり冷え込んだりしたらしいけど、
ここのところは特に寒くも無く(もちろん暖かくも無いけど・・・)
時々、スカッとした冬の青空が広がる。

明日はもう2月、
その前にニューヨークのクリスマスの写真でも・・・っと。
(あいかわらず、季節はずしまくりだ。)

NYC

NYC

有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリー、
ここにはスケートリンクもある、
ホリデーシーズンの観光名所はすごい人出で、
近づく気力が無かったけど・・・。

このそばに紀伊国屋がある、正確にはあったかな。
年末、移転のためのセールで本やマンガがなんと半額だったのだ。
通常割高な本が、日本で買うのと同じか、ちょっと安いくらい?やっほ〜。

NYC

NYC

Macy'sという老舗のデパートに作られる『サンタランド』
毎年サンタクロースに会うために家族連れが並ぶ。
わたしもサンタクロースと握手してきた、ほっほっほ〜。

NYC

そして、通りかかったグランド・セントラル・ステーション、
突然音楽が始まって、天井や壁をスクリーンに光のショーが始まった。

NYC

カレイドスコープ(万華鏡)ライトショー、
12月のホリデーシーズン、30分ごとに上映されていると後から知る。
切符を買う人も、列車を待つ人も、待ち合わせの人も、
仕事帰りのニューヨーカーも、観光客も、ふるさとに帰る途中の人も、
みんなが、ふっと足を止めてショーを見上げる。
人々の時間が交差する空間で、なんとも素敵な演出だと思った。

NYC
| ニューヨーク | 22:31 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
NewYork・NewYork(1)
さて・・・
ブログ放置にもほどがあるよなぁ。

あっ!という間にクリスマス、そして年が明けて、
ぐわっ!という間に1月も終わっちゃうじゃん。
ほぼ月1更新ブログだよ・・・
アクセスしてくださるみなさま、いつもありがとうございます。
そして、あけましておめでとうございます。

年末年始は同居人の実家のあるニューヨークで過ごした。

NYC

クリスマスから新年にかけてニューヨークの街は、
ニューヨーカーも観光客もごった煮で混みあい、
ブダペストのような小さな首都から来ると圧倒されちゃったり。

NYC

冬の空に映えるスカイスクレーパー

NYC

そして、街中のネオン、

NYC

NYC

メトロや

NYC

バスに乗っては、ぶらぶら街歩き。

NYC

そして、ニューヨークと言えば、
やっぱりニューヨーク・チーズケーキ。
(単にわたしの好みです、ハイ)

NYC

ヨーロッパとは味の違う空気を
思いっきり吸い込んで2008年を迎えた。
今年はぜったいいい年になるぞ!っと信じて。

みなさんにとっても素敵な一年になりますように!

NYC
| ニューヨーク | 22:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ