AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< アドリア海へ(1) | main | アドリア海へ(3) >>
アドリア海へ(2)
ブダペストの空はあいかわらず灰色。
年が明けると春が近づいたかのように感じるけど、
実際はここからの冬が長くつらい。

アドリア海へ(1)からの続き〜

次の日、天気はあいにく曇り。

大晦日

それでもブダペストよりずっと暖かいので体が軽く感じるし、
なにより透き通った海がすぐそこにある。

大晦日

地中海性気候に属するアドリア海沿岸の島には
わたしが実際に見たことが無い植物がたくさんある。
散歩の途中で見かけたざくろの木、
取り残した実がぱっくり割れて枯れていた。

大晦日

そしてたわわに実をつけたオレンジの木、
もう少ししたら黄色くなるレモンの木。

大晦日

大晦日

散歩の途中にの友人、に遭遇、誘われるままのおじいちゃんの
所有している小さな別荘へ。と彼のガールフレンドの
そしてと彼のガールフレンドのはここで新年を迎える予定、
わたし達4人も飛び入り参加となった。

彼らは今日のために魚とタコを準備していた。
わたし達もどこかで料理できるだろうとスプリットの市場で
魚とタコを買って島に持ち込んでいた、なんと言う偶然!

オラタと呼ばれる鯛に似た白身の魚とレッド・マレット
内蔵を取り除き、塩をふって下ごしらえ。

大晦日

家の裏の小屋にはレンガで出来たグリルがある。
火をおこして、炭火となってから魚を網に乗せる。

大晦日

焼きあがった魚にニンニクとパセリの入った
オリーブオイルをかける。

大晦日

テーブルを囲むわたし達、魚に集中、しばしの沈黙。

大晦日

この辺りでは魚は手を使って食べる。
実を指先でほぐして口に放り込む、美味。

おなかも満たされワインを飲みながら
おしゃべりしてのんびりとした時を過ごす。

そしてタコの調理にとりかかる。
生のタコはハンマーで叩いて柔らかくしてから
ジャガイモ、玉ねぎ、ニンニクと共に丸い鉄の鍋へ。
もちろん、オリーブオイルをたっぷりかける。

再度グリルに火をおこし炭火を作る。
そしてタコとジャガイモの入った鉄鍋に鉄のフタをして、
フタの上に炭火を乗せる、『ペカ』と呼ばれる伝統的な調理法だ。

大晦日

途中、フタを取り様子を見る。タコと野菜からは
充分な水分が出ていて、蒸気が上がりいい匂いが漂う。

大晦日

炭火を戻してさらに調理する。
そして、いよいよできあがり!

大晦日

熱々を食卓へ。

大晦日

じっくりと蒸し煮されたタコは口でとろけるほど柔らかい。

大晦日

おしゃべりし続けたわたし達に
この日2度目の沈黙が訪れる、全員タコに集中。

大晦日

そして、いよいよ年が明ける。
残すところ15分と言うところで海へ。
港に止めてあるボートに飛び乗りシャンペンを開けた。

大晦日

海の上で向かえた2006年
いい年になりそうな予感がする。
| クロアチア | 21:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
シリーズ第2弾、待っていました〜。
海岸の近くにオレンジやレモンが成っていて、何か熱海みたいでいいですね。
と思いきや、またまたシーフードですか。この最後のタコは何ですか???こんな料理があったなんて。独創的シーフードの極みですね。こんな料理をする国があったなんて・・・。ワールドカップでも顔を合わせるクロアチア。食でも侮れませんね。
| naolicu | 2006/01/16 5:10 PM |

そうなんですよ、クロアチアのシーフード侮れませんよ。日本だと魚って毎日のように食べるのに意外に調理方法で冒険はしませんよね。『タコは柔らかくなるまで時間がかかるからオーブンでじっくり調理しないと』と聞いて最初はびっくりしました、このときも確か1時間以上かかったと思います。タコとタコの味の染み込んだジャガイモ、日本人好みの味ですよ。
| sun | 2006/01/17 2:28 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/398061
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ