AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 市場情景〜セーナ・テーリ市場(ブダペスト) | main | 大雪 >>
市場情景〜ナッシュ・マルクト(ウィーン)
仕事で隣の国、オーストリアの首都ウィーンへ。
ブダペストから列車で約3時間、日帰り旅行もできる距離。
歴史的にも深く結びついているこの2つの都市には
往復切符+ウィーンでの市内交通無料となる4日間有効の
割引切符がある、お値段7250フォリント、約4000円。

身近な国なのに、ふと気がつくと1年半ご無沙汰していた。
ひさしぶりに歩いたこの街、ブダペストよりずっと都会な街だと
改めて思い知らされる。

街の中心の中心に立つシュテファン寺院、愛称シュテッフル、
塔の部分が改装中、これは1年半前と変わりなし。
そこに銀行やらの広告をぶら下げる趣味がよく分からない、
スポンサーなのだろうけど、多くの観光客は
一生に一度みるかみないかのシュテファン寺院で、
この広告を目にするのである。

シュテファン寺院

そんなシュテッフルの周りで観光客を楽しませる大道芸人。

大道芸人

ウィーンで必ず行く場所は市場とスーパーマーケット。
ブダペストで手に入らない食材を眺めるのが楽しい。
ウィーンを代表する市場、ナッシュマルクトへ、
観光客も多く訪れる大きな市場、アジア系、アラブ系の食材も豊富。
見かけた巨大なチーズにはBioと書いてあるので
オーガニックフード(有機食品)だ。

ナッシュ・マルクト

お目当ては野菜、この時期ブダペストで
なかなかお目にかかれない緑の野菜を見て周る、
例えばマンゴルド(スイスチャード)わたしの大好きな野菜、
ブダペストでも春になれば時々市場で見かけるがこの季節では無理、
即購入!他に、オクラ、小さい(そして辛い)緑色の唐辛子、
ローマン・レタスなどを手に入れた。

ナッシュ・マルクト

ナッシュマルクトには食堂も立ち並ぶ。
ウィーンではアジア料理がブームとなってかなり経つ、
そしてそれは一種のフュージョン料理に進化しているらしく、
皿に寿司と生春巻きが一緒盛られたメニューがあったりする。

運良く小春日和の1日、気温はたぶん10℃近く、
テラス席が用意されていて、そこに人が集まる。

ナッシュ・マルクト

柔らかい日光を浴びながら談笑する人々。

ナッシュ・マルクト

ブダペストではテラス席はまだあまり見る事ができない。
テラス席を設けたいカフェやレストランは、その面積と期間を
あらかじめ市役所に申請すると言う。今日は天気がいいから
外にテーブルを出しちゃおうって訳には行かないらしい。
去年の1月に行ったザグレブ、氷点下を下回る冷たい空気の中でも
カフェは外にテーブルを出し、そこで日光浴を楽しむ人々がいた。
ブダペストの融通のきかなさをちょっと残念に思う。
| 市場情景 | 23:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ウィーンと言えば、いつかはお菓子の食い倒れに伺いたい街だわ。
sunちゃん是非御一緒に!案内しておくれ。
市場の野菜の写真、じっくり観察してみたらば、大根売ってるんだね。しかも、葉っぱ無し!主婦的には「大根葉、付けといてくれ。」だわ。
そして、談笑しているおじ様達、絵になるね。日本のおじ様がコートの襟立てて、カフェでこのように、さまになる姿なかなか見れないもんね。
| amu | 2006/03/08 8:09 AM |

いい所に目が行くね、さすが主婦!
そ、たまに大根に葉っぱがついていても八百屋のアンちゃんが売る時に、切り落とそうとするのよ。それを止めるのは、たぶんアジア人だけだろう。カブの葉っぱを切り落とそうとした時には悲鳴をあげそうになるよ、ついでに他のお客が買った時に切り落とした葉っぱもくださいと言いたい。
| sun | 2006/03/08 9:55 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/434091
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ