AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< コンサート | main | リサイクルのジレンマ >>
プリム
火曜日はプリム(プーリム)と呼ばれるユダヤの祭日だった。
紀元前、ペルシャに住むユダヤ人を全滅させる計画が企てられたが、
ユダヤ人だった王妃エステルが王に直訴し、ユダヤ人の危機を
救ったと言う旧約聖書の話に基づいている。

東駅へと続く大通りにあるシナゴーグへ。
階段を上り、ドアを開けるととまず礼拝堂がある。
手前側は女性席、そしてついたての向こうは男性席。

プリム

礼拝堂の隣には礼拝堂と同じくらいの広さの部屋があり
プリム・パーティーの会場となる。近所に住むユダヤ人が集まり、
ラバイ(ユダヤ教の指導者・教師)の言葉でパーティーが始まる。

プリム

子ども達が歌う。

プリム

そして、同居人のバンドの演奏、
ラバイ自ら立ち上がって人々を踊りに誘う。

プリム

プリム

男女分かれて踊りの輪が出来上がる。

プリム

そして、お菓子やワインが配られる。

プリム

ユダヤ人が絶滅の危機を免れた事を祝うプリムは、
ユダヤの宗教行事の中でも楽しい祭日のひとつ。
みんなで飲んで踊って笑顔で『生』を祝福する。

プリム

音楽に合わせてラバイが座っている人々に声をかける、
『今日はプリム、パーティーだよ、踊らなきゃ!』

プリム
| 東欧ユダヤ | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/441856
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ