AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< ウサギな祝日 | main | 花の咲く木 >>
東西詰め物料理
連休明けの火曜日、曇り時々晴れの穏やかな一日。
午後、自転車で街に出て雑用を済ませる。
ひさしぶりに英語専門のレンタルビデオ屋に立ち寄り、
DVDを借りて、夜はワインを飲みながら映画鑑賞、のんびりと過ごす。

イースターの祝日をちょこっと振り返る。
わたしとはハムとタマゴ(ハンガリーのイースター料理)を
食べる必要がないので好きなものを作る。

日曜日、のいとこ夫婦が訪ねてきた。
彼らのリクエストは寿司、日本食レストランに行くほどではないけど、
機会が会ったらぜひ味見してみたいと思っていたらしい。

ウィーンで買ってきた油揚げがあったので念願のいなり寿司を作る。
実は、いなり寿司を作るのは初めてだった。
実家の母の得意料理だからかな、帰国した時には
母の作ったいなり寿司をたらふく食べるだけのぐうたら娘となる。
その母に電話でアドヴァイスをもらい、母の味を思い出しながら
そうそう、こんな感じだったと再現してみる。

おいなりさん

なんとなく同じような物が出来上がった、
でも母のいなり寿司には、まだかなわない・・・。

その他、サーモンとツナの太巻きも作る。
日本食がはじめてのいとこ夫婦は、お箸を使う勇気まではなくて
フォークとナイフで器用にそれらを味見していた。

数日前、階下にすむ家族(トランシルヴァニア地方出身)から、
酢漬けのキャベツと、ペットボトルに入った漬け汁をいただいだ。
長い冬のために漬けられた自家製の保存食、
待ちに待った春が訪れ、残った分のおすそ分けというところ。

ビタミンたっぷりで健康にいいんだから!
と、太鼓判を押された丸ごとキャベツの酢漬け、
これを見たら作るのはやっぱりトゥルトゥット・カーポスタ!

ひき肉と米、好みによって炒めた玉ねぎや人参、
ハーブにスパイスを混ぜ合わせ具をつくりキャベツの葉に包む。
きゅっと巻かれたトゥルトゥット・カーポスタ(ロールキャベツ)と
今回は燻製された豚のリブ肉を大鍋に敷き詰める。
そして、弱火にかけてゆっくりじっくり長時間煮込む。

トゥルトゥット・カーポスタ

フタをあけるとこんなかんじ、
トゥルトゥット・カーポスタと共に並ぶ燻製肉の
香ばしい香りがふわっと上がる。

トゥルトゥット・カーポスタ

わたしはトランシルバニア風のパプリカをあまり使わない
トゥルトゥット・カーポスタが好き、あっさりしていて
キャベツから出る酸味をたっぷり楽しめると思う。

月曜日には友人フレンチハンガリアンと彼女のボーイフレンド、
クロアチア人船乗りのを夕食に招待してトゥルトゥット・カーポスタ!
そして、は今日ブダペストを離れた、アフリカの海で働くために。
2ヶ月間後、彼が帰ってくる頃にはブダペストに夏が訪れているだろう。
| おいしい話 | 22:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
イヨー!トゥルトゥッタ・カーボスタ、ってルーマニアで言うサルマーレのことですね!!知らなかった。ご存知のようにサツマーレには、ハンガリー人がたくさんいますけど、一度としてハンガリー語でどういうのか聞いたことがなかった。

ちなみにオイラ、サルマーレも酢漬けのキャベツも大好きです。
| Mishu | 2006/04/20 6:09 AM |

そうです、サルマーレです!わたしもルーマニアのサルマーレ大好きです、レストランのメニューで見かけると、もう自動的にオーダーしちゃいます。マーマリーガとサルマーレ(この組み合わせはハンガリーで見た事がありません) あ〜、ルーマニアに行きたくなった!
| sun | 2006/04/21 8:08 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/464861
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ