AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 青空と黒雲と新緑 | main | 粗大ゴミの日 >>
微笑みの色
ひさしぶりに通り雨もなく穏やかに晴れた一日。
午前中に煙突屋さんが来て冬の間にたまった煤を掃除してくれた。

重い腰を上げて、ぐちゃぐちゃの引出しをかたずけていたら、
2年前にタイに行ったときの写真が出てきた。
初めてタイを旅行したのは1992年の春(うわ、14年も前・・・)
以来、何度足を運んでいるか、もう覚えていない。
わたしの妹はこの国に何年も暮らしていた。

2年前、ブダペストから東京に戻り、すぐに妹の住むタイへと飛んだ。
ひさしぶりのタイ、飛行機を降りて甘ったるい匂いの熱い空気を吸い込む、
そして、そのまったりとした空気にとけこむように
タイ人がやわらかな微笑を浮かべていた。

何度も行った事のあるこの国の微笑みに今さらながら少々戸惑った。
わたしの暮らす東欧の街、口を真一文字に結んで歩く人が多い。
もちろん笑顔もあるけど、微笑みと言う言葉は似合わない街だ。

タイ人は目が合っただけでもゆるりと微笑む、それが普通の表情。
微笑みの国と言う言葉を思いがけずにとっぷり実感した旅だった。

マハーサラカム

ロータス

織物用の糸

夜店

夜店

夕焼け

市場

バンコク

マンゴ
| アジアの匂い | 22:34 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
心がキュンとなる風景ですねぇ。
アジアは、香港と上海に行ったことがありますが、どちらも慌ただしい日程で(上海は一泊二日!)、ゆっくり味わう暇もありませんでした。
この市場の写真 ワクワクします!
売ってるものの一つずつをみ〜んな味見したいです(笑)
| 吉岡 | 2006/05/15 12:22 PM |

市場ってその国の表情がたっぷり詰まっていて飽きる事無いですよね。どの国に行っても市場めぐりは欠かせません、市場大好き!
| sun | 2006/05/16 6:21 AM |

そうか、もう14年も前になるんですね。

憶えてないかもしれないけど、ローマのテルミニ駅で、確か文恵ちゃんが「ジプシーの子にお尻を触られた!」(もしかして財布をすろうとしてた?)と驚いたことがあるのを思い出しました。そして今はそのジプシーに関わる生活をしている・・・
文恵ちゃんがバンコクに飛んだ後、僕はローマからウィーン、ブダペスト経由でデブレツェンまで行きました。そして今、文恵ちゃんはそのブダペストで暮らしている・・・

なんか、とっても奇妙な感じがします。

蛙の置物にカオ・トムちゃんと名付けるほど、タイが気に入っていたので、てっきり東南アジア指向だと思ってましたが、今はハンガリーにいるとは(笑)。

どの写真も、とても綺麗です。
チベットや中国、タイの写真も、微笑ましく、とても懐かしさを感じさせてくれました。本物のプロの写真家ですね。

そんな僕は今、ジャカルタで暮らしています。
これからのますますの活躍を願ってます。
| K | 2006/05/19 4:59 PM |

Kくん?ひさしぶりだね、そうかぁ、ジャカルタに住んでいるんだ、常夏の国だね、うらやましい。14年前には予想もつかなかったところにお互い住んでいるね。

わたしの知らない14年前のハンガリーを旅していたんだ。その頃に比べるとたぶんすごい変化だと思うな、ビザも要らないし、観光客も増えて旅行しやすい国になったと思うしね。

カオトムちゃんは今でも実家で元気にしています(笑)
| sun | 2006/05/19 8:34 PM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/479454
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ