AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 連日の準決勝 | main | 黒い果実のお酒 >>
Les Bleus
さてさて、
わたしがワールドカップの決勝戦を観戦した場所は…?
それは、なんと花の都、パリっ!

パリに滞在していた同居人は毎日携帯電話に
何を食べたかメッセージを送ってきた、我慢出来ない…。
仕事に適度に折り合いをつけ、直前のキャンペーンで安くなった
航空券をネットで購入、金曜の夜、パリへ!

パリ市庁舎には垂れ幕が。

ワールドカップ

『パリはレ・ブルー(フランスチームの愛称)を愛してる!』
街中にもこの青いポスターが溢れていた。

午前中から真っ青なユニフォームを着た人々を見かける。
ユニフォームの下に白いフリルスカートがフェミニンな女の子。

ワールドカップ

バーゲン真っ只中のパリ、ショーウィンドウもワールドカップ。
こちらも、やはりフランスらしい着こなしで。

ワールドカップ

市庁舎前ではユニフォーム姿のテレビリポーター。

ワールドカップ

ママの背中でもユニフォーム。

ワールドカップ

夕方になり、キックオフが近づくにつれ、街中では青がさらに増える。
あまりにもキュートな三兄弟。ママもよく見るとトリコロール、
ファッションセンス抜群!

ワールドカップ

恋人同士で、

ワールドカップ

そして家族でサッカー観戦。

ワールドカップ

このカフェのポスターは雑誌の表紙に載ったジダン。

ワールドカップ

カフェの前で盛り上げるお兄ちゃん。

ワールドカップ

車やバイクがクラクションを鳴らして通り過ぎすでにお祭騒ぎ。
わたしとはパリに住む友人たちと彼らの地元のカフェで観戦。
ウェイトレスの顔にもフランスの国旗、そしてワインに食事にと
オーダーが入り大忙しの様子。

ワールドカップ

前半早々、ジダンのペナルティーキックが決まり先制。

ワールドカップ

ワールドカップ

ワールドカップ

ジダンがボールにふれるたびに歓声が上がる。
彼がいかに国民的ヒーローなのかを改めて感じた。

サッカーを観戦しながらも、ワインを開け、
前菜、メイン、デザートとコースでのんびりと
ディナーを楽しんでいるグループも多い、さすがフランス。

ワールドカップ

そして後半戦、カフェの真ん中にはかわいい応援団長。

ワールドカップ

延長戦に入り、ジダンが頭突きで退場、
カフェは一瞬静まり返ったけど、すぐにフランスチームの応援に戻る。
退場は残念だけど、ジダンにもそれなりの理由があったに違いないと
理解を示している、個人の尊厳を大切にするフランス人らしい。

そして、延長では決まらず緊張のペナルティーキックへ。

ワールドカップ 

ゴールが決まるたびに上がる歓声。

ワールドカップ

それでも、残念ながら一歩及ばず…優勝はイタリアチーム。

ワールドカップ

イタリアの優勝が決まって間もなく、カフェ中に歓声があがる。
『メルシー・レ・ブルー!(フランスチームありがとう!)』

ワールドカップ

フランスチームにとってはここまで来たのが奇跡に近い、
そしてそれを支えたジダンの存在、彼の退場に文句を言う人はいない。
友人は笑顔で言う、『ジダンはジダン、何があってもヒーローさ』と。

試合が始まる前、その友人に聞いてみた事がある、
フランスが勝ったらどうするの?

『おいしい料理を食べて、ワインを飲んで、
 彼女を抱いて眠りにつくよ。』

じゃあ、負けたらどうするの?

『やっぱり、おいしい料理を食べて、
 ワインを飲んで、彼女を抱いて眠りにつくね。』

カフェの周りでは勝利の瞬間のために用意したのだろう
ロケット花火が飛んでいる。負けてしまっても結局上がる花火、
結果はわたしが予想するほど、人々の気持ちを左右しないのかも。

別の場所で観戦を終えたグループが隣に座り声をかけてきた。
フランス語が分からなかったので聞き返すと笑いながら英語でこう言った。

『We are good losers!』

まさにその通り、このカフェの周りを見る限り、
敗戦を残念には思っているだろうけど、落ち込んでいる姿は無い、
むしろ決勝戦を楽しむ事の出来た長いお祭騒ぎの夜に満足している感じ。
フランス人の感性を少し感じる事の出来た楽しい一日だった。

ワールドカップ
| 西側のヨーロッパ | 23:13 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
あーなんか久々にまともに?(失礼極まりない発言)読んでぞくぞくっとしました。まずおフランスに対して。おされだよ、おされっ!ブルーのユニフォームにレース!フリル!あーええわー。mameoのヨーロッパへの憧れはまさにこんなかたち。

サッカーもれーんれん興味なかったけど、いい写真だね、興奮するね。でもワインに優雅なお食事ってのもマイペースで良いね。なんかさー。日本って悲しいかな、どーも「老若男女」同等の盛り上がりって似合わないと思わない?つまり、愛国心とかが結局変な方向にいっちゃうんだろうね。

とにかくかわいい妹にお土産がないこと以外はネタといい写真といい、花丸◎です。
| mameo | 2006/07/14 3:36 PM |

あ〜、楽しかったです。
文を読んでて、写真を見てて、すごくいい気持ちになりました。
お友達のGさんの『やっぱり、おいしい料理を食べて、ワインを飲んで、彼女を抱いて眠りにつくね。』の言葉は名言ですね。
『We are good losers!』もなんて素敵な言葉でしょ。
なんかフランス人が好きになりました。
これからも楽しみに読ませてもらいます。


| ritsuko | 2006/07/14 7:13 PM |

フランス人って、ルーマニアやイタリアのラテン系とちがって、サッカーにあまり熱くならないと思っていたけど、以外だなー。今回は前評判もよくなかったし・・・。最も、'98年のときのシャンゼリゼはスゴかったっけ!
| Mishu | 2006/07/15 5:53 AM |

とんでもなく遅いレスですが…。

mameoちん、いつか一緒にパリを歩こうね、憧れのヨーロッパの風景がきっと見れるよ。

ritsukoさん、本当にみんなリラックスしていて楽しい夜でした。ワインも食事もおいしそうだったし…サッカー見ながらも、周りのテーブルに食事が運ばれてくる度に目が泳いでしまいました(笑)。

Mishuさん、今回のフランスでのサッカーの盛りあがりは、きっと98年があったからだと思います。次は「Euro2008」ですね、ヨーロッパでは。オーストリアとスイスでの開催って知っていました?ウィーン近いから見にいけそうだなぁ。
| sun | 2006/08/01 6:18 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/515441
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ