AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< カラデニズ! | main | 魚の祭(1) >>
イスタンブールの空
木曜の夜、ボスポラス海峡を見渡せるビルの
屋上にあるレストランの撮影、空には真ん丸な月。

月

満月かぁ、と思いながらも気にせず仕事をこなしていると
一人の女性が話しかけてきた。

「今夜は満月なだけじゃあないのよ、月が欠けるの、知ってる?
 何時に見れるか聞いて教えてあげるわね。」

そして、誰かに聞きに行ったのだろう、

「月蝕、21:20」

と書かれたメモを渡してくれた。

へぇ〜、あと1時間で月蝕かぁと思いながら次のレストランへ移動、
そしてすぐに撮影開始。結局、月蝕の事はすっかり忘れてしまった。
心に余裕がない自分がなんだか無性に悲しかった。

そして今日、午後遅く、何の気なしに空を見上げると
青空に何本もの飛行機雲が伸びていた。

そのうちの一本はすでに時間が経っていたのだろう、
上空の大気に流されて出来た雲の形はまるで天使の羽のよう。

空

立ち止まって呼吸を整え、ちゃんと空を眺めてみた。

空

English
| トルコ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/543453
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ