AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< クレズマー・クルーズ!〜コンサート | main | クレズマー・クルーズ!〜ドニエプル川 >>
クレズマー・クルーズ!〜メーデー、そして出航!
コンサートから一夜明けた5月1日、
どんよりと曇りがちの空、そして寒い!

昼時に市内へ出る、何の気なしに地下鉄で独立広場まで。
地上に出て驚いた、共産党の集会の真中に降り立ってしまった。
そう、今日はメーデーなのだ。

メーデー

メーデー

メーデー

メーデー

気がつくと時折、小雪が舞っている?
春爛漫のブダペストから来たわたしはカタカタと震えていた。

メーデー

メーデー

メーデー

でも、この状況に興奮、これは同居人Bの撮ったミニビデオ、
この歌を生な現場で聞く事なんて無いと思っていた・・・ある意味感動。



しっかし、寒い!5月初日、空気中に舞う雪のかけら。

メーデー

メーデー

広場に出ている露天商、猿や鷹と一緒に写真が撮れるらしい
動物を売り物にするこの商売、EUではもう見かけないかもなぁ。

メーデー

寒さに震えたついでにおなかがすいたのでお昼ご飯を食べに行く、
ウクライナ料理初心者におすすめのセルフサービスの店へ直行、
食べたいものを指差しでオーダーできるのがなんとも魅力。

puzata khata

この国に来る前にウクライナ料理について調べて、
食べたいなぁと思ったのはワレーニキを呼ばれる水餃子。

puzata khata

予習の結果、2日連ちゃんで食す、初日は肉入り、
2日目は(たしか・・・)味つきのキャベツ入り、
スメタナ(サワークリーム)をトプンと上からかけてもらう。
その奥はウクライナの国民食とも言えるボルシチだ。
赤いビーツの色がなんとも食欲をそそる・・・。

puzata khata

市中心でも数店舗見かけた『Puzata Khata』という名のこの店、
値段もお手頃なので、旅行者にはおすすめ。

食堂

その他、この数日で虜になったのは、
道端でおばちゃんが売っているピロシキ。
中身は、ひき肉、マッシュポテト、キャベツ、
他にも何か別の具があったみたいだけど、
これ以上のロシア語が聞き取れなかったので分からない、残念!

ピロシキ

飲み物はリャジャンカと呼ばれる濃縮発酵乳(?)
とろりとした濃厚でクリーミーな飲むヨーグルト、
この旅ではまった飲み物のひとつだった。

ケフィア

緑のパッケージ、ケフィア(ケフィール)はハンガリーにもあるけど、
ウクライナでは含まれている脂肪分の濃度が選べる。
乳製品大好きなくせに、実はあまりケフィアのファンではないのだけれど、
ウクライナの濃厚なケフィアはなぜかとってもおいしかった。

そして、夕方、いよいよクレズマー・クルーズの出航、
キエフを離れて次の土地へ向かう!
乗船客が次々とデッキに集まってその様子を見守る、
そしてミュージシャン達が演奏をはじめた。

出航

もちろん、音楽に続くのはダンス!

出航

出航

出航

ゆっくりと遠くなっていくキエフの街並みをバックに歌が流れる。

出航

出航

夜はラウンジにてジャム・セッションが繰り広げられる。

出航

クレズマーのメロディーにのって川面をなめらかに航行する夜。

出航
| ウクライナ | 23:42 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ビデオの最後の「ぅおらぁっ!ぅおらぁっ!ぅおらぁっ!」っつーのは何と訳すのか?威勢がいいね。
| mameo | 2007/05/30 6:12 AM |

かけ声だと思うよ、気合入ってた。
で、『トヴァリシュ(同志)!』って続いてたな。
| sun | 2007/05/30 3:59 PM |

君は船の上で「さ〜んふらわ〜さ〜んふらわ〜太陽に守られて、行こう〜♪」って歌わなきゃ。我らのクルーズメモリー。
| mameo | 2007/06/01 5:49 AM |

ぶぶぶ(笑)
あの歌って今でも流れるのかなぁ、
聞いたら感動して涙出るかも。
| sun | 2007/06/01 6:27 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/648240
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ