AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< クレズマー・クルーズ!〜メーデー、そして出航! | main | クレズマー・クルーズ!〜ドニプロペトロフシク >>
クレズマー・クルーズ!〜ドニエプル川
翌日、曇り空のドニエプル川、デッキに出て眺める。

ドニエプル川

どの辺りにいるのか見当もつかない、反対側のデッキへ。

ドニエプル川

左右のデッキ、どちらから眺めても、
向こう岸がほとんど見えないほど川幅が広い、まるで海。
ドニエプル川には水力発電用のダムが6ヶ所作られているという。
昨夜3時過ぎにすでにひとつ通過してきたらしいけど、
寝ていたので気がつかなかった。

そして、レストランで昼ご飯を食べている時、
船が何かにがりっとぶつかった振動があった、
クレメンチュークの閘門の入り口に差し掛かったのだ。

クレメンチュク閘門

わたしたちの乗っているクルーズ船がやっと通れるくらいの幅しかない、

クレメンチュク閘門

右側のコンクリートの壁にガツンガツンとぶつかりながら方向調整。

クレメンチュク閘門

ぶつかった振動で欠けたコンクリートの欠片が
船の手すりに落ちてるし・・・結構強引だなぁ。

クレメンチュク閘門

水門の上の橋には地元の人たちが見物に集まっていた。
その向こうに霞んで見えるのが、これから下りる水位。

クレメンチュク閘門

船体が収まると後ろ側の水門が閉じて、
水位がゆっくりと下がり始める。

クレメンチュク閘門

クレメンチュク閘門

そして、水の中から新しい水門が現れて、

クレメンチュク閘門

水位が下がったところでその扉がゆっくりと開き始めた。

クレメンチュク閘門

クレメンチュク閘門

水門が開ききると、船は前方に進み始める。

クレメンチュク閘門

見物していた地元の人が笑顔で手を振ってくれる。

クレメンチュク閘門

閘門の向こう側の川面には小さな村。

クレメンチュク閘門

今日は丸一日ドニエプル川の上で過ごす。
船内ではウクライナにおけるユダヤの歴史や
クレズマー音楽についてのレクチャーや
ダンスクラス、ジャムセッション、映画上映など
盛りだくさんのプログラムが企画されていた。

中州の島に立っていた教会、午後になって天候回復。

教会

そして、日が暮れ始める、川面がキラキラ光る。

夕焼け

夕焼け

夕焼け

夕焼け

夜、闇の中に浮かび上がる
ドニエプロジェルジンスクの閘門に到着。

ドニエプロジェルジンスク

ドニエプロジェルジンスク

水位が下がり始めて、

ドニエプロジェルジンスク

水門が開いた。

ドニエプロジェルジンスク

出航!

ドニエプロジェルジンスク

水門の向こう側に現れたのは
煙突の吐き出す煙が赤く反射する巨大な工業地帯、
その圧倒的な風景にしばし見入ってしまった。

ドニエプロジェルジンスク

ドニエプロジェルジンスク

ドニエプロジェルジンスク
| ウクライナ | 22:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
電車だけではなく船オタクっぽいでぃ。っつーか出発オタクかにゃ。我が姉よ。17〜20番目の夕焼け&波の写真が欲しい。商談求。
| mameo | 2007/06/06 1:00 AM |

子どもの頃はあんなに乗り物酔いしたくせに
いまや立派な乗り物オタクなのね(笑)。
写真は後ほどメールします。
| sun | 2007/06/06 9:46 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/649947
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ