AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< クレズマー・クルーズ!〜ドニプロペトロフシク | main | クレズマー・クルーズ!〜ヘルソン >>
クレズマー・クルーズ!〜ザポロージェ
ウクライナ滞在7日目の朝、携帯のアラームで無理やり起きる。
理由はザポロージェという街に到着する前に、
高低差が一番大きい閘門を通過するから。
ほぼ毎晩、音楽とウォッカで遅くまで盛り上がり夜更かし、当然眠い・・・。
でも、見なきゃ・・・次にここにくる可能性は限りなく低いし。

Zaporozhye-

Zaporozhye

船が無事に収まって後ろの水門が閉じる。

Zaporozhye

川岸にはレーニン像。

Zaporozhye

水位が下がる、期待どおり!どんどん深く下がっていく、わくわく。

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

水門が開いた!

Zaporozhye

Zaporozhye

そして、船がゆっくり前に進み始める。

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

無事通過、

Zaporozhye

船の近くでカヌーの練習をする人、早起きだなぁ。

Zaporozhye

Zaporozhye

見えてきたのはコンクリートのがっちりとした橋、

Zaporozhye

Zaporozhye

ソビエトチックな橋だ。

Zaporozhye

列車も走っている。

Zaporozhye

これはビーチ、泳げるのかな、この川?

Zaporozhye

ビーチの奥には港が見えてきた、接岸する準備。

Zaporozhye

午前中はバスで市内観光、でも時間がないのか下車する事は無く、
バスで市内を往復してその都度ガイドさんが説明する。
だから、バスの窓から無理やり写真を撮っていた。

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

大通りにはソビエト時代に建てられた大きな四角い建物が並んでいた。
建物の壁や角は、共産主義のシンボルの鎌と槌や星などが
モチーフとなったレリーフで装飾されている。
ガイドさんは『スターリン・ルネッサンス』様式と説明してくれる、
あ〜、ゆっくり見たいよ、街を歩きたいよぉ〜。

Zaporozhye

そして、やっとバスが止まって見ることが出来たのはレーニン像、

Zaporozhye

レーニン像の後ろにはドニエプル川とダム。
朝、通過した閘門もここにある、
そういやレーニン像の写真を後ろから撮ったっけ。

Zaporozhye

Zaporozhye

市内観光終わり、バスはそのままユダヤ人学校へと向かう。
学校は集合住宅が並ぶ静かな場所にあった。

アパートの入り口、この周りの緑地の部分に、

Zaporozhye

住民達は食料貯蔵庫を勝手に掘って作っているらしい。
アパートの周りは、こんな感じの入り口がいっぱいあった。

Zaporozhye

そして、ユダヤ人学校の中を見学、

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

食堂ではちょっとしたレセプションがあった。
英語で学校生活を説明してくれたり、

Zaporozhye

トランペットの演奏、

Zaporozhye

別の部屋では、歌あり、

Zaporozhye

ダンスあり。

Zaporozhye

Zaporozhye

そして、笑顔で見送ってくれた、かわいい。

Zaporozhye

バスに乗って船に戻る。
街並みはやっぱり車窓から眺めるだけ、あ〜降ろしてくれ!

Zaporozhye

Zaporozhye

港に到着。

Zaporozhye

Zaporozhye

昼食を食べて午後のプログラムはコサック・ショー!
どこの国にもあるのね、こういうご当地物のショーって。
川の中州までバスで行く、入り口ではコサックたちがお出迎え。

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

そしてショーがはじまる、なかなか笑えた、写真で想像してね。

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

Zaporozhye

ショーの後、ピラフとウォッカが振舞われる、これは嬉しい。

Zaporozhye

Zaporozhye

おみやげも買える(笑)。

Zaporozhye

バスで船まで戻って、午後5時出航。

Zaporozhye

夜、ラウンジにてジャムセッション、

on board

この日の午後、ザポロージェに住むイディッシュ(※)・シンガーの
Arkady Gendlerがクレズマー。クルーズに乗船した。

on board

彼のレパートリーは広く、今のクレズマー・ミュージック界で
最も注目され、最も尊敬されているシンガーのひとりだ。

on board

彼の歌声が、イーディッシュの歌が、
クレズマー・クルーズのラウンジに響く夜。

on board

イディッシュとはアシュケナージ(東欧系ユダヤ人)の言葉。
| ウクライナ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/651096
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ