AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 熱波到来 | main | 夏の終わりの余韻も無しに・・・ >>
スロヴァキア釣り紀行・2007
あっという間に8月も終わりがすぐそこ、
ブログ放置したままだった・・・。

先週、スロヴァキアに釣りに出かけていた。
せっかくの釣りシーズンに入っても、今年はなかなか時間が取れなくて、
今シーズン最初で最後のフライフィッシングとなってしまった。

釣りが大好きな同居人の提案で、
いつも行くRevuca川ではなく、Bela川へ。

ブダペストからインターシティーに乗ってでミシュコルツへ、
そして、各駅停車の電車に乗り、国境を越えてコシツァ駅に到着。

kosice

この辺りまではスロヴァキアに住むハンガリー人も多いので
ハンガリー語もちらほら聞こえてくるけど、
駅の看板はスロヴァキア語、これだけで外国旅行気分たっぷり!

ここから乗った列車の車窓、途中からタトラ山脈が夕陽に映る。

tatra

ふだん平らなハンガリーに暮らしていると
山の姿を見るだけでも心躍る、山脈の向こうはポーランドだ。

暗くなってからLiptovsky Hradokと言う町に到着、
駅前のホテルにチェックインしてホテルのレストランで夕食。
トンカツにハムとチーズを挟んだ料理は
ハンガリーでは『ゴルドンブルー』と呼ばれていてよく見るけど、
ブロッコリーが入っているのは初めて見た、
マッシュルームや赤ピーマンまで入って盛りだくさん、彩りもきれい。

dinner

次の日の朝、Bela川沿いを散歩する、すでに釣り人の姿が!

Bela

この町でBela川はVah川に流れ込む、
タトラ山脈の雪解け水を湛える透明度の高いBela川
Vah川と交じり合う直前、川面が水色に輝いていた。

Bela

こちらは朝日を反射しているVah川。

vah

町には小さなマーケットもあった、
夏の終わりにトマトのまとめ買い、保存食でも作るのかな。

market

昼ご飯はロシア風ボルシチ、サワークリームが入っておいしい。

lunch

午後、釣りに必要な許可証を手に入れるために奔走する。

(以下、スロヴァキアで釣りをしたい方のための情報です・・・笑)

スロヴァキアで釣りをする場合には、
国から発行されるライセンス(Rybarsky Listok)と
川の名前を明記した一日券の2種類が必要だ。

泊まっていたホテルは、この町のツーリスト・インフォメーションも
兼ねていたのだけれども、ライセンスと一日券について聞くと、
町中ではなく数キロ離れたホテルでしか入手出来ないと言う。

車で来ていないわたしたちにはそのホテルまで行くのが難しいし、
わたしたちが釣りをしたいBela川からも数キロ離れるので、
その区間の許可証が本当にもらえるのかも疑問だった。

この辺りのフライフィッシングについての掲示板を
常日頃から読んでいる同居人は、
市役所に行けばライセンスが取れるはずと言うので
ホテルの隣の小道を入ったところにある市役所に入って
『Rybarsky Listok!』と叫んでみる(笑)

city hall

わたし達に気がついてくれた親切な職員さんに、
とある部屋に連れて行かれて、いとも簡単にライセンスを入手、
一週間有効で50コロナ、約250円。
スロヴァキア語のしゃべれない外人相手に丁寧に対応してくれた
この町の市役所の職員さん達はえらい!
ついでに、一日券はどこで買えるのかと聞くと、
ホテルの隣の文房具屋で入手可能との事。

paper shop

半信半疑で文房具屋へ、そしてそこで本当に一日券が買えたのだ。
一日券は500コロナ、約2500円で
Bela川、Vah川(Bela川との合流地点まで)で有効。

(クリックで拡大出来ます、黒く塗りつぶされた川の部分にて釣り可)
map

なんだか予想よりずいぶん簡単に許可証が入手できてしまった。
足取り軽くホテルに帰って、早めに夕食を取って眠りにつく。

で、翌朝ね、早くから釣りに行くんだけど・・・
アルプスの雪解け水は、8月になっても思ったよりずっと冷たくて
ウェイダーも持っていないフライフィッシング初心者のわたしは
短パンにボロいスニーカーと言う出で立ち、
きらめくほど透明でキ〜ンと冷ややかな川の中心にも進めなかった。
それでも、いくつかのヒットがあったものの、
結局一匹も釣れ無かった・・・う〜、来年はウェイダー買ってやる!

さて、気を取り直して、
この町には古い城が残っている。

hrad

駅前のホテルからお手頃価格のペンションに移動、
通された部屋の窓からの風景、左側には城跡、
そして右側にはそそり立つ岩の上に建てられた二重の十字架。

hill

こんな風景を見たら登りたくなってしまうのだ。
(バカと煙は高いところに・・・なんて言葉が頭に浮かぶ・・・)

で、丘に足を踏み入れる、意外にもあっという間に山道。



そして、2重の十字架の麓にたどり着く、
ペンションに残っていた同居人に携帯でメッセージを送り
写真を撮ってもらう、十字架の下で手を振ってみた、見えないけど(笑)



山の空気を思いっきり吸い込む。



やっぱり高いところは気持ちいい!
森から、川から作り出されるのだろう透明な空気は
しっとりと心地よい湿気があり、深呼吸をすると体に溶けこむようだ。
日ごろのストレスもあっという間に浄化出来そうな瞬間、自然に感謝!
| スロヴァキア | 23:39 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
かわいいいもとの誕生日プレゼントは買って(釣って?)来てくれたんだろうねぇ…
| mameo | 2007/08/27 11:32 AM |

釣れなかったので買って送ります。
| sun | 2007/08/27 3:47 PM |

うわあ・・・ 羨ましい!
私だってぜんぜんここからでられないままで・・・別の町とか森とか泉を見てみたいと言うのならあなたのブログにしか頼らないみたいですね・・・ (ボルシチを食べたりきれいな景色を見てたりしたいな・・・ ;_; )

まあ・・・それをほっといて;)
すごい写真、ほんとに!文恵さんのサイトをまだまだ今から見に行くけどこのブログにあるやつはすごい・・・です :)
つりのことに私はあまり詳しくないのだけどあんなに落ち着いた場所があそこにいるなんて知らなかった。

ありがとう・・・かな ^_^
(ちょっと落ち込んだけど・・・
それに日本語の失敗も許してくださいね・・・)

tripcity〜noraneko
| tripcity budapest | 2007/08/28 1:43 AM |

はじめまして。ネットサーフィンをしてココへたどり着きました! 先月JAL機内誌のバックナンバーを数冊もらい、そこにもフミエさんの写真があり、素敵な偶然にうれしくなりました。写真は2次元のものですけど、フミエさんの写真には普通の人々の暮らしぶりが立体的に写っていて、うまく言えないんですけども、温もりがあってとても好きです。

私が暮らすベルリンも真っ平らな街なので、Vah川やBela川の写真みたいな風景、すごく新鮮です。せせらぎも聞こえてきそうです。
| yoko | 2007/08/30 2:57 AM |

tripcity〜noraneko さま

はじめまして。
コメントありがとうございます。
tripcity〜noranekoさんは
ブダペストに住んでいらっしゃるのかな?
わたしも時々、ふと気がつくと
ブダペストを数ヶ月離れていない事があります…
そんな時は旅に出たいなぁと
切実に思ったりしているのです。
ブダペストも本当に素敵な街なんですけどね。

yokoさま

はじめまして。
コメントありがとうございます。
ベルリンですか!

わたしはハンガリーにたどり着く前に
ベルリンに4ヶ月ほど滞在していたのです、
今のわたしがヨーロッパに住む事になった
きっかけを与えてくれた大切な思い出の街です。
ここ数年訪れる機会が無いのが残念ですが。
JALの機内誌のわたしの記事にも
目を留めていただいてうれしく思います。
あ〜、またベルリンに行きたいなぁ!
| sun | 2007/08/30 6:54 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/674949
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ