AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 青碧の水を湛える湖〜プリトヴィチェ | main | 気がつけば秋の色 >>
トランペットから流れる弦の音
9月の初めはクロアチアで迎えたんだっけ、
ブダペストに帰ってきて、次の週にはウィーンへ行った。
でも、ここに書く余力が無かった・・・。
そして、ブダペストに戻ってきてルーマニア、トランシルヴァニアへ!

ほぼ一年ぶりに行くトランシルヴァニア、
ルーマニアがEUに加盟して初めて行くことになる、
前はもっと頻繁に行っていたのになぁ。

物価は上がっているようにも感じたけど、
ちょっと田舎に出ればこの風景、やっぱり美しい・・・。

bratca

今回訪れたのはハンガリーと国境に近いビホール県にある村。
この辺りの民族音楽で使用されるヴァイオリンはちょっと変わっている。
ボディーの代わりに、トランペットがついているのだ。
ルーマニア語では『Vioara cu goarna』
英語に直訳すると『violin with a horn』で『Stroh Violin』の仲間だ。

むむむ、日本語だとなんて言ったら通じるかな?
友人達の間ではトランペット・フィドルとも呼ばれているから、
トランペット・ヴァイオリンなんてどう?

bratca

楽器制作の工房は庭、切り株の上。

bratca

本体に塗料を塗っていた息子は、乾かしている間に、
その昔、父に送られたと言うヴァイオリンを弾き始めた。

bratca

ドラムも登場、

bratca

弦の奏でる音が、銀色のトランペット部分から放たれる。
金属的だけど、なぜかやけに土臭いその音は
干草の匂いのする風景の空の部分に飛び散っていく。

ひとしきりのジャムセッションを終え、
子ども達が、待ってましたとばかりにドラムで遊び始める。

bratca

この瞬間は、きっと彼らの記憶の端っこに残るはず、
そして、きっと、こうやって伝統って受け継がれるんだと思う。
土地の音楽が、土の香りと混ざり合う、わたしの一番好きな瞬間。

(おまけビデオ、お時間のある方どうぞ!)
| ルーマニア | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/686313
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ