AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< カラフルな椅子 | main | 山のパガニーニ >>
自転車の旅
信じられないくらい暖かく穏やかなブダペストの9月、
日中はまだ半袖を着ていても大丈夫なほど。

ちょっと前、友人と2人で自転車に乗って小旅行に出かけた。
ハンガリーと国境を接するオーストリアのブルゲンランド州、
世界遺産にも登録されているノイジードラー湖の周りには、
自転車専用道が作られているのだ。

Burgenland
(ブダペスト東駅)

ブダペストから列車を3本乗り継ぐ。
ここから、ちょっとマニアックな話だけど、
もしかしたらこの先、行ってみたいという人がいるかもしれないので
ちょっとした豆情報。ハンガリー鉄道のウェブサイトで時刻を調べる時、
自転車の輸送にチェックを入れると、自転車を持ち込める電車が出てくる。
ただ、自転車専用の車両などが連結されていない列車の場合は
列車の詳細部分に自転車マークが記載されていないので、
本当に自転車を持ち込めるのか不安になると思う。
が、ここはハンガリー、持ち込めるのである、鈍行列車では
二等車に限って一番前か後ろの車両の連結部分に乗せてもいいらしい。
乗車券に加えて、自転車用の切符の購入が必要となる。

burgenland

ただ、日本のようにプラットホームと列車の高さが同じではないので、
自転車を持ち上げなければならない列車も多い。
先に列車に乗った友人が、ほっぺたを押さえている、
自転車を持ち上げたら、ハンドルが顔に当たったらしい、
エイジング・アマチュア・サイクリング・クラブ(AACC)
前途多難な出だし(笑)

2本目の電車には自転車用の車両があった、
でも乗り換え時間が意外に短くちょっと焦る。

burgenland

そして、国境を越える3本目の列車はオーストリア鉄道のモダンな車両、
自転車やベビーカーにもやさしい、低床の車両、らくちん。

burgenland

わたしは学生時代、東京から博多までママチャリで行った事がある。
ある夏、友人たちが原付で沖縄まで行く計画を立てていて、
免許が無いけど、ただ単純に、沖縄に行きたかったわたしは、
ママチャリで出発した、若さのパワーと言うか、アホと言うか・・・。
それまで修学旅行の京都くらいしか行った事のなかった西日本を訪ねて、
それなりにカルチャーショックを受けて、
二週間後、博多から船に乗って沖縄で友人たちと合流したのだ。
友人たちは結局東京から船に乗ってきていたけどね。

burgenland
(サイクリング、スタート!)

タイだのインドだの行っているわたしの旅人生の中でも、
このママチャリの旅ほど、真っ黒に焦げた事はなかった、
太陽は、西に向かうわたしの左側にあって、左腕が右腕より黒かった。
那覇のユースホテルに到着、笑顔で迎えてくれた友人たちは、
わたしを暗闇に確認して絶句していた気がする。

burgenland
(ワイン畑、じゃなくて、ブドウ畑)

かつて1200キロを走破したママチャリダーにとって、
湖の周りの、起伏のほとんどない自転車の旅、
ふふふん、楽勝でしょ〜って思ったけど、
数キロ走れば、なんだか疲れを感じて、たびたびワイン休憩。
ここブルゲンランドは、オーストリア有数のワインの産地、
そもそも、それが今回ここまで来た最大の理由でもある。
しかし、年を取ったもんだとあらためて実感してみたり。。。

burgenland
(ほとんどワイン、じゃなくて、熟れたブドウ)

burgenland

最初のワイン休憩はブドウ畑の前のレストラン、
白ワインを炭酸水で割ったスプリツァーで喉を潤す。

burgenland

こんな感じで、のらりくらりと四日間、秋の空気を満喫。

burgenland

burgenland

ワインの里だけど、ワイン村の夜は早くて10時には就寝、
6時過ぎたら自然に起床、不健康なほど健康的な日々を過ごしたり。

burgenland

オーストリアの秋、ワインは美味しいし、楽しんだけど、
どこまで行っても庭には小人だの、かぼちゃだの飾られていて、
むむむむむ。。。そのセンス、どうなんだろ?あ、悪趣味(小声)
なんか、夢に見ちゃいそうなんだよね、いやな夢(笑)

burgenland

burgenland

(おまけビデオ・自転車道はこんな感じで自然の中に作ってあります)



| 西側のヨーロッパ | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
こんばんは!
オーストリアまで行ってサイクリングなんて、日本では考えられないですが、ちょっと旅行で楽しそうですね。
去年オランダへ行ったのですが、みんなものすごいスピードで自転車が走り、道路を横切るのに、命がけ?でしたよ。
背が高い人だから、サドルも当然高く、私には足がつかない・・・・。
ハンガリーも自転車びゅんびゅんですか?
加藤茶のお巡りさんみたいな人はいないのかな〜
| 白クマ | 2009/10/01 8:37 PM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/910449
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ