AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 長雨の後 | main | 5年に1度の晴れ舞台 >>
ラマダン・イスタンブール
またまた、すっかりご無沙汰。。。 
今年の夏はブルガリアからイスタンブールへ、 
一ヶ月ほどのんびりと旅をした。 

イスタンブールに到着した初日は新月、 
ラマダン(断食月)の始まりの日だった。 
この街では、イスラム教徒でも 
断食をする人、断食しない人があり、 
お互いが、尊重しあっている空気がある。 
日中でもたいていの食堂は営業しているので 
旅行者が食べるものに困ることはない。 

とある夕方、敬虔なイスラム教徒の多く住む地区に出かけた。 
市場の食堂の並ぶ一角、通りに出されたテーブル席はすでに満席、 
目の前のゴチソウを前に、日が暮れるのを待つ。 

そして日没、モスクから流れるアザーンを合図に静かに晩餐が始まった。

 

まずは、水で喉を潤す、 
熱波の到来していた8月のイスタンブール、 
今年のラマダンは相当厳しいに違いない。 

明け方、3時過ぎ、通りに太鼓の音が響く。 
夜が明けるまでに、朝食を食べるようにとの合図。

   

暑く寝苦しい夜、開けっ放しの窓から、 
毎朝、驚くほど大きな太鼓の音が飛び込んできて目が覚める。 
太鼓が通り過ぎた後、再度眠りに落ちるのだけれども、 
4時過ぎ、夜明けとともに、街中のモスクから、 
大音量でアザーンが流れ、また目が覚める。 

眠りも浅い夏の夜、寝不足も手伝って、 
日中もなんだか夢の中にいるような、イスタンブールの日々だった。
| トルコ | 09:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

トルコの夜中のドラムという習慣を初めて聞きました。
世界にはいろいろな風習が有るのだとわかり、わくわくしました。

日本は残暑が厳しすぎ、溶けそうです。
| | 2010/08/30 4:30 PM |

おもしろい!
ここでも、パキスタンでも,街のみんなを起こして回る係りの人たちは居なかったな〜
パキスタンでは、食事の時間の終了(断食開始)の合図のサイレンが遠くで鳴ってたのは覚えてる。

断食明けの時間は、どの国でも、大人も子供も楽しい時間だね♪
今年も残すところあと少し!

| natsu | 2010/09/03 10:30 PM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/916920
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ