AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< ラマダン・イスタンブール | main | 寒冷前線 >>
5年に1度の晴れ舞台
相も変わらず旅多き日々、 
先月末からやっとブダペストに落ち着いた。 
と、いうところで、いまさらながら、夏の旅の話。 

8月、ブルガリアのコプリフシティツァと言う村で 
5年に1度開かれる、民族音楽と踊りの祭りに行って来た。

 

2000年、2005年、と参加して、今回は3回目、 
ヨーロッパに滞在して、早10年の月日が流れてしまったのかと 
なんだか、感慨深くもなってしまうのね(笑)

   
村に到着した夜には、 スコールのような大雨が降ったのだけれども、 
フェスティヴァルの開かれた三日間は晴天に恵まれた。 
祭り前夜から、テント村はこのもりあがり。



 

あ〜、またここに来る事ができたんだと、 ゾクゾクしてしまった。 
そして、フェスティバル初日、この日、絶対に見たかったのが、 
5年前に見て感動したヤンボル(Yambol)地方のダンス。

  
(5年前の映像です) 

いくつものステージが作られた山の上、 
ヤンボルのステージ前の芝生では 
(すでに大いに酔っぱらった) ヤンボル・ボーイズが踊っている!



おっとこくさくて、やっぱりいいなぁ〜(笑) 
5年に1度の晴れ舞台、 
山の上にも、村にも、笑顔がいっぱいのフェスティヴァル。



 

また、5年後にも行けるかなぁ〜。 

 

(お知らせ) 
一緒に旅した、イラストレーターの友人が、 
フェスティヴァルの様子を絵日記で公開しています。 
ぜひ、見に行ってみてください。

   

| ブルガリア | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/916921
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ