AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 黄金の花 | main | ロウソクの柔らかな光 >>
真夏の夜のロゼ
ずいぶんと長い事、放置してしまったこのブログ・・・
6月から7月にかけては移動の多い日々を過ごしていたので、
ここらで、ひっそり、ぼちぼちと再開してみようかと。

猛暑が東京を襲っていると、あちこちから聞こえてくる今日この頃、
ブダペストにも熱波が到来、日中35℃をを超える事も。。。

湿気が無い分、たぶん東京よりはずっと過ごしやすいのだけれども、
ここまで来るとさすがにちょっとバテてくる、
冷房の効いている場所もまだまだ少ないので、逃げ場がないし、
う〜ん、がんばれ、うちのボロ扇風機!

日の落ちる頃に外へ出る、熱気はまだまだムンムンしているけど、
少しでも風が吹いていれば、多少は救われる。

ひさびさに川向こうのブダへ。
ペストに住んでいると、実はほとんど行く事がない、
自転車に乗って橋を渡る。


マルギット橋からドナウ川を望むとバスが航行中!
水陸両用のこのバス、何度見てもおもしろい風景。


この時期はカフェもバーもレストランも外が基本、
廃墟を利用したバーのほとんどがペスト側にあるのだけれども、
去年ブダにも一軒オープン、こじんまりとしていていい感じ。

ここ数年、人気上昇中のロゼワイン、
フルゥッチ(ワインの炭酸水割り)で喉の渇きをいやす。

(これはすでにブダで2軒目)

6月下旬の夏至を境に少しずつ日が短くなるとは言っても、
まだまだ9時頃まで空に明るさの残るブダペスト。
2日後には満月になるふっくらした月が鎖橋の上に浮かんでいた。


橋を渡ってペストへ帰る、
う〜ん、やっぱりペストの方がワサワサしているけど落ち着くなぁ。

(ノスタルジックなネオンのかわいい飲み屋)

今晩3軒目、庭園の入り口にテーブルを出したバーへ。


ワインの種類が思いのほか豊富なこのバーで数種類のロゼを味見、
やっと夜風が心地よい時間になってきた、
汗もさっとひいて、タラタラとおしゃべりにも花が咲く(笑)

で、毎度の事ながら。。。
帰路についたのは12時過ぎ・・・ブダペストの長い夜。
| ブダペスト日々徒然 | 22:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
鈴木さん、お久しぶりです、もとマガジンアルクのニシカワです。今日、ブダペストで買った刺繍をみて、なつかしく思い出していました。やっぱり雰囲気のある街。鈴木さんの写真だとなおさら!また行きたいです。
| ニシカワ | 2011/08/14 12:00 AM |

おひさしぶりです!
お元気でいらっしゃいますか?
ブダペストも日々変化していますが、
この街ならではの、どこかのんびりとしたリズムは健在です。
ぜひぜひ、またいらしてくださいな!
| sun | 2011/08/18 6:18 AM |










http://blog.fumie.main.jp/trackback/916929
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ