AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< ロウソクの柔らかな光 | main | 月の欠ける時期 >>
ノスタルジックな旅
ちょっと前の旅話(今風にタビバナ?笑)
10月下旬にベルリンに行った。

Berlin

ブダペストに流れ着く前、ベルリンに半年ほど滞在していた。
もう、ヒトムカシ以上前の事になる。。。
ブダペストからは列車で約12時間、飛行機だったらあっという間、
そんなに離れてはいないのに、いつの間にか遠くの街になっていた。

Berlin

当時、住んでいた通り、

Berlin

なんだかおしゃれな店やカフェが並んでいて、ちょっと戸惑う。


プレンツラウアーベルク、旧東ベルリン、
私がここに来たのは、ベルリンの壁が倒れ、すでに10年経った頃、
西欧化が勢いよく進んでいて、日に日に変化のある地区だったけど、
売れないミュージシャンやアーティスト、貧乏学生が集まり、
東欧らしい雰囲気も、まだまだ混在していた。

Berlin

当時の若者が親となり、今では子育ての街、
夕方になると、ベビーカーのラッシュアワー(笑)
街もそこに住む人々と共に育っていくんだなぁ、
豪華さは無いんだけどね、幸せな空気の街になっていた。

Berlin

センチメンタル・ジャーニーは続く。
Hackescher Höfe(ハッケシャー・ホーフ)の変わり様に驚き、
(ライブハウスは無くなっていて、ブティックになっていた。。。)

Berlin

Berlin

Hackescher Markt周辺が人混みで賑わっていて、もはや足が浮く。
(なんと無印良品の店まであった!)

Berlin

アレクサンダー・プラッツのタワーは思い出と違わず、
ちょびっと、ホッとしてみたり。

Berlin

で、ちょっと一息、
いかにもドイツっぽい、四角いケーキとコーヒー、
このケーキとコーヒーのセットが1.85ユーロって、
パン屋の店先カフェならではの値段だけど、
それでもブダペストより安いかもかぁ・・・。

Berlin

街の変わり様にドギマギしながら帰路につく、
とあるバーでドイツビールを堪能。

この旅、一番の幸せは
昔と変わらず、温かく迎えてくれた友人たちの笑顔。
変わるもの、変わらないもの、どちらもわたしの宝物だな。

| 西側のヨーロッパ | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/916931
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ