AZ A BAJ・・

東欧の街角から日々の徒然
<< 60's モノクローム・ハンガリー | main | 秘密の中庭、心地いい色 >>
美しく青きドナウの花火

8月20日は聖イシュトヴァーンの日、建国記念日で祝日です。

一日中いろんなイベントが開催されるブダペスト、夜には毎年恒例で花火が上がります。

 

 

国会議事堂と鎖橋の間くらい、ふだんは2番のトラムが走っている線路の上から見ていました。

花火がとても近く、時々おなかに響くような爆発音が鳴り、あたりには火薬の匂いも。

 

 

バックグラウンドに美しく青きドナウがかかり、大きなのが連続で打ち上がると拍手喝采、

フィナーレ前には国歌が流れるという、とってもハンガリーらしい演出、30分はあっという間でした。

 

 

どこにいても、やっぱり花火は夏の風物詩ですねぇ〜。

 

 

気温は20℃くらいと結構下がってて、帰り道はちょっと肌寒かったほど。

この週末で夏休みを終え職場に戻る人も多く、学生はもうすぐ新しい学年の始まりです。

秋の気配はすぐそこに。

| ブダペスト日々徒然 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.fumie.main.jp/trackback/916989
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECENT ENTRIES
+ RECOMMEND
+Instagram
Instagram
+Facebook

+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ